コンテンツにスキップする

中国が検閲強化、都市封鎖でゼロコロナへの不満強まる-抗議活動も

  • 中国では珍しい住民の抗議活動が上海の集合住宅であった
  • トレンド入りした動画をテンセントが削除-関係者
A resident registers for a Covid-19 test in a neighborhood placed under lockdown in Shanghai.

A resident registers for a Covid-19 test in a neighborhood placed under lockdown in Shanghai.

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国で新型コロナウイルス感染を一切容認しない「ゼロコロナ」政策に対する国民の不満が広がっており、当局は対応に苦慮している。ロックダウン(都市封鎖)に入っている上海では一部の市民が封鎖命令に反対の声を上げた。

  中国では珍しい住民の抗議活動が上海の集合住宅であったが、これを撮影した動画2本がテンセント・ホールディングス(騰訊)のソーシャルメディア微信(ウィーチャット)でトレンド入りし始めると、同社はこれらの動画を今週に入り削除した。事情に詳しい関係者が明らかにした。動画は微信ユーザーが「タイムライン」に投稿したものだという。

 

中国で「ゼロコロナ」政策に対する国民の不満が広がっており、当局は対応に苦慮している。上海では一部の市民が封鎖命令に反対の声を上げた
Source: Bloomberg

  ブルームバーグ・ニュースが確認し独自検証した動画によれば、上海の閔行区にある集合住宅の入口付近で数十人の住民が「食べ物が欲しい」、「知る権利が欲しい」、「自由が欲しい」などと訴えた。この集合住宅の微信アカウントに投稿された公式通知によると、ここにいる人々は3月2日から外出しないよう求められ、大規模なコロナ検査に10回以上参加している。

  テンセントはスタッフに対し、動画は中国の法律や政策に違反したために削除されたと説明したという。関係者が報復の恐れがあるとして匿名を条件に語った。抗議行動を映した3本目の動画は、住民の声がそれほど明瞭ではなく、「自由」といったような言葉もなく、オンライン上に残っていると関係者は話した。

Retail In Shanghai As China Pledges to Stabilize Economy and Plan for Uncertainty
上海のスーパーマーケット
Photographer:Qilai Shen/Bloomberg

  こうした検閲の強化が示しているのは、ゼロコロナ戦略を巡るジレンマの強まりだ。大半の国がコロナとの共存を選択する中で孤立化する中国は、経済・社会的コストを増大させている。

  テンセントの担当者はコメントを控えた。上海市政府の報道担当室はコメント要請に今のところ応じていない。

Retail In Shanghai As China Pledges to Stabilize Economy and Plan for Uncertainty
ロックダウンを控え住民に食料品を配布(上海)
Photographer:Qilai Shen/Bloomberg

原題:China Censors Shanghai Protest Videos as Lockdown Anger Grows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE