コンテンツにスキップする

上海市の西側エリア、4日間のロックダウン始まる-東側は解除

  • 西側エリアの人口は1600万人-上海全人口の約3分の2
  • 本土でのコロナ新規感染者は7229人-3月31日

中国金融の中心地、上海市で新型コロナウイルスの感染拡大阻止を狙ったロックダウン(都市封鎖)の第2弾が1日始まった。東側エリアを対象とした4日間の封鎖は解かれたが、現地時間1日午前3時(日本時間同4時)から西側が封鎖された。

  西側エリアの人口は1600万人ほど。上海全人口の約3分の2が住んでいる。西側の住民も4日間にわたり、義務付けられているコロナ検査を除き外出が禁止される。

  国家衛生健康委員会は1日、本土でのコロナの新規感染者が3月31日に無症状を含め7229人になったと発表。上海市では症状のある感染確認が358人、無症状は4144人だという。

テスラが上海工場の操業停止を延長、4月1日に再開せず-関係者

上海の西側エリアでロックダウンが始まった
Source: Bloomberg

原題:Shanghai Starts Lockdown of Western Half as Virus Fight Deepens、China Reports 7,229 Local Covid Cases for Thursday (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE