コンテンツにスキップする

サハリン1からも撤退せず、エネルギー安全保障で重要-岸田首相

更新日時
  • 自国で権益、長期で安価なエネルギー安定供給に貢献
  • サハリン2、アークティックLNG2も撤退しない方針

岸田文雄首相は1日、ロシア極東サハリンの石油・天然ガス開発事業「サハリン1」について、日本は撤退しない方針だと表明した。参院本会議で答弁した。 

Japan's Prime Minister Fumio Kishida Delivers Policy Speech at Diet
岸田文雄首相
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  岸田首相は、サハリン1、2について「自国で権益を有し、長期かつ安価なエネルギー安定供給に貢献しており、エネルギー安全保障上、重要なプロジェクトだ」と指摘した。サハリン2については前日に撤退しない方針を表明していた。

  サハリン1は、サハリン石油ガス開発(SODECO)が30%の権益を保有。SODECOへの出資の内訳は、経産省50%、伊藤忠商事約18%、石油資源開発約14%、丸紅約12%、INPEX約6%となっている。

  ロシアのウクライナ侵攻を受け、国際石油資本(メジャー)の米エクソンモービルは、サハリン1からの撤退へ操業停止のプロセスを開始すると発表していた。

  萩生田光一経済産業相は同日の閣議後会見で、サハリン1、2に加え、ロシア北極圏の液化天然ガス(LNG)事業「アークティックLNG2」からも撤退しない方針を示した。

サハリン2から日本は撤退しない方針、「自国で権益」と岸田首相 (1)

(岸田首相の発言の詳細を追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE