コンテンツにスキップする

プーチン大統領、ユーロでのガス代金支払い容認-独首相と電話会談

  • G7はロシアの要求拒否、欧州へのガス供給途絶の懸念高まっていた
  • ショルツ首相、プーチン大統領が説明した手順に同意せず-独報道官

ロシアのプーチン大統領はドイツのショルツ首相に対し、欧州勢がロシア産ガスを輸入する場合、引き続きユーロでの支払いが可能だと伝えた。両首脳が30日に行った電話会談の内容を独政府が明らかにした。

  プーチン大統領はガス代金の支払いを巡り、消費国にルーブルでの支払いを強く求めていた。主要7カ国(G7)が要求を拒否したことで、欧州への主なガス供給が途絶しかねないとの懸念が高まっていたが、同大統領は姿勢を軟化させたもよう。

ドイツ、天然ガス供給確保で緊急計画始動-ロシア産の途絶に備え

ロシアのプーチン大統領はドイツのショルツ首相に対し、欧州勢がロシア産ガスを輸入する場合、引き続きユーロでの支払いが可能だと伝えた
Source: Bloomberg

  ドイツ政府のヘベシュトライト報道官は声明で、電話会談でプーチン大統領は欧州の買い手がガスプロムバンクにユーロで支払いを行った後、ルーブルへの交換がなされると語ったと説明。ショルツ首相はプーチン大統領が示した手順に同意せず、より多くの情報を求めたという。

  ロシア政府が30日発表した声明は、ルーブル払いへの切り替えはロシアからガスを輸入している欧州の買い手との契約条件を毀損(きそん)させるものではないとしている。

原題:Germany Says Putin Is Backing Off Ruble Gas Payments Demand (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE