コンテンツにスキップする

【ウクライナ】ロシア、チェルノブイリ原発撤退-一部兵士被ばくか

更新日時
  • プーチン大統領、ガス供給を継続へ-代金はルーブル建てを要求
  • ロシアと1日に交渉再開とウクライナ交渉担当者

ロシアは同国軍が占拠していたウクライナ北部のチェルノブイリ原子力発電所をウクライナ側に明け渡すことに同意した。国際原子力機関(IAEA)がウクライナ当局者を引用して明らかにした。ロシア軍は施設から撤退しつつあると伝えられており、ウクライナ側はロシア軍が原発周辺に塹壕(ざんごう)を掘ったことで同軍の一部兵士が放射線に被ばくしたとしている。

  ロシアのプーチン大統領は代金のルーブル建て支払いは求めるが、引き続きロシアは欧州に天然ガスを供給すると述べた。支払い通貨の変更でロシアからの供給に混乱が生じるとの懸念は緩和した。大統領は「ロシアはビジネス上の信用を重視する」とテレビ演説で言明した。欧州当局者は支払い通貨の変更が供給に影響する可能性は低いとの見方を示した。

プーチン大統領、ガス供給を継続へ-代金はルーブル建てを要求 (1)

  ウクライナは4月1日にビデオ会議を通じてロシアとの交渉を再開するとウクライナの交渉担当者ダビド・アラハミヤ氏が明らかにした。

コラム

  ウクライナ情勢を巡る最近の主な動きは以下の通り。

バイデン氏、戦略石油備蓄の大量放出命じる

  バイデン米大統領は3月31日、米国の戦略石油備蓄から1日当たり100万バレルを今後6カ月間で放出する計画について、外国からのエネルギー供給への依存脱却を達成する礎を築くものになると説明した。また、今年に入ってからのガソリン価格高騰について、「プーチンによる価格押し上げ」だと表現し、ウクライナ軍事侵攻を命じたロシア大統領を非難した。

バイデン氏、戦略石油備蓄の大量放出命じる-米企業に増産呼び掛け

国連、スムイに支援物資届ける-他の地域には配給できず

  国連は支援部隊がウクライナ北東部スムイに到着し、食糧や医薬品などを届けたと明らかにした。ただ激戦地マリウポリなど他の地域にはなお物資を配給できていないとした。

ウクライナのゼレンスキー大統領はマリウポリからの人道回廊を封鎖しているとしてロシアを非難
Source: Bloomberg

ロシア軍がチェルノブイリ原発から撤退開始、放射線被ばくで-ウクライナ

  ロシア軍は占拠していたウクライナのチェルノブイリ原子力発電所から撤退を開始したと、ウクライナの国有電力会社が明らかにした。同原発の高汚染地域で塹壕を掘ったことから兵士が大量の放射線に被ばくしたためだとした。ただIAEAは被爆の報告を確認できていないとし、「さらなる情報を求めている」と説明した。

バイデン大統領、プーチン氏は一部顧問を解任ないし自宅軟禁の可能性

  バイデン大統領は3月31日、ロシアのプーチン大統領が一部の顧問を解任したか自宅軟禁にした可能性があるとした上で、プーチン氏にウクライナでのロシア軍の戦況の十分な情報が伝えられているかどうかについては「議論の余地がある」と述べた。

バイデン大統領、プーチン氏は一部顧問を解任ないし自宅軟禁の可能性

ロシア、チェルノブイリ原発明け渡し-ABCがロスアトムの書簡引用

  ロシア軍は占拠していたチェルノブイリ原子力発電所をウクライナ側に明け渡すと、ABCニュースがロシア国営原子力企業ロスアトムの書簡を引用して伝えた。

ロシア、チェルノブイリ原発明け渡し-ABCがロスアトムの書簡引用

プーチン大統領、ガス供給を継続へ-代金はルーブル建てを要求

  ロシアのプーチン大統領は欧州向け天然ガス供給でルーブルでの代金支払いを要求したものの、供給を継続する意向を表明した。支払い通貨の変更がロシアからの供給障害につながるとの懸念は緩和した。

  プーチン大統領は政府関係者に対し、ルーブル建ての新たな支払いメカニズムを打ち出した上で、「ロシアはビジネス上の信用を重視する。ガス供給契約を含む全ての契約で定められた条件にはこれまでも、そして今後も従う」と述べた。発言はテレビ放映された。

米国、ロシアに対する追加制裁を発表-半導体メーカーなど対象

  米政府はロシア経済に対する追加制裁を発表した。ウクライナに侵攻したロシアへの圧力を強める。米国の説明によれば、今回の制裁対象には半導体製造とマイクロエレクトロニクス輸出でロシア最大の企業が含まれる。

米国、ロシアに対する追加制裁を発表-半導体メーカーなど対象

米政権、石油備蓄から日量100万バレル追加放出

  米国は石油備蓄から日量約100万バレルを6カ月間追加放出する。放出開始は5月。こうした歴史的な規模の放出は、ロシアのウクライナ侵攻を受けたガソリン価格上昇や供給不足に対するホワイトハウスの懸念を浮き彫りにしている。

米政権、石油備蓄から日量100万バレル追加放出-価格抑制図る (1)

プーチン大統領、ルーブルでの支払い要求

  ロシアのプーチン大統領は既存の天然ガス契約について、買い手がルーブルでの支払い条件に従わないなら契約を停止すると明らかにした。

プーチン氏:ロシアはガス契約停止へ、ルーブルで支払われない場合

ロシア軍は再編成しており、撤退はしていない-NATO

  ロシア軍はウクライナから撤退しているのではなく、東部ドンバス地方に注力するため再編成していると、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長がブリュッセルで記者団に指摘した。

  「われわれの情報によると、ロシア軍は撤退ではなく再配置を進めている。ロシアはドンバス地方での攻撃態勢を再編成して軍を補強し、補給しようとしている」と発言。「同時に、ロシアはキエフや他都市への圧力を維持しており、さらなる攻撃で被害が拡大すると見込んでいる」と語った。

ガス支払いはユーロやドルで可能、プーチン氏が伊首相にも説明

  イタリアのドラギ首相は、プーチン大統領が30日の電話会談で、欧州連合(EU)企業はガスの支払いでユーロまたはドルを引き続き使用できると説明したことを明らかにした。これに先立ち、ドイツ政府もショルツ首相との電話会談でプーチン氏が同様の説明をしたと発表していた。ドラギ首相は、このような契約における支払い通貨の変更は単純な問題では全くないと指摘した。

プーチン大統領、ユーロでのガス代金支払い容認-独首相と電話会談

英国、ロシア国営メディアやマリウポリ攻撃指揮官を制裁

  英政府はロシアのRTとスプートニクの所有者を含む国営メディアを対象とした新たな制裁を発表した。またマリウポリ包囲攻撃を指揮しているロシア軍幹部のミハイル・ミジンツェフ氏も制裁対象に加える。

トルコ、ウクライナとロシアの外相会談実現に努力

  トルコのチャブシオール外相は同国テレビ局に対し、ウクライナとロシアの外相会談を再び仲介しようとしていると明らかにした。「クレバ、ラブロフ両氏にそれぞれテキストメッセージを送った。正確な日時は言えないが、1-2週間のうちに上級レベルの会合が実現する可能性はあると両氏は話した」と述べた。両外相は3月10日にもトルコで会談した。

ロシア軍、ウクライナの農業に破壊工作-ゼレンスキー大統領

  ロシア軍は意図的にウクライナの農業セクターに打撃を与えようとしていると、ゼレンスキー大統領がオランダ議会に対する演説で主張した。農業はウクライナの主要な収入源だが、ロシア軍は農地に地雷を敷設したり、農業機械を破壊したりしていると、同大統領は語った。

チェルニヒフ近郊で砲撃継続、ウクライナがマリウポリを依然死守-英国

  南部マリウポリの中心部は激しい戦闘が続いているものの、ウクライナ軍が依然支配しているとの見方を英政府が示した。ロシアが軍事活動を縮小すると発表した北部のチェルニヒフ周辺では「大規模な」砲撃とミサイル攻撃が続いているという。

ウクライナ大統領、軍事支援強化をオーストラリアに訴え

  ウクライナのゼレンスキー大統領は31日夜、オーストラリア議会でオンラインを通じて演説を行い、軍事支援の強化を訴えた。ウクライナは今、助けが必要だと強調した。

ウクライナ大統領、軍事支援強化を豪州に訴え-議会でビデオ演説

ロシア、インド向けに原油の大幅な値引き販売を提案-関係者 

  ロシアは国産原油を大きく値引きしインドに直接販売することを提案している。事情に詳しい関係者が明らかにした。ウクライナに侵攻したロシアに対し国際社会が制裁を強める中で、ロシアはインドによる原油購入を促そうと、ウラル原油を侵攻前の価格と比べバレル当たり最大35ドル安く提供しようとしている。極秘に交渉が行われているとして関係者が匿名を条件に語った。

ロシア、インド向けに原油の大幅な値引き販売を提案-関係者 (1)

ウクライナ経済、数カ月以内に停戦でも20%のマイナス成長-欧州開銀 

  ウクライナとロシアとの停戦調停が数カ月以内にまとまるというシナリオの下でも、ウクライナ経済は今年20%程度のマイナス成長に落ち込むと欧州復興開発銀行(EBRD)が予測した。一方、復興が来年始まれば、同年の成長率はプラス23%に回復すると見込む。

ウクライナ経済、数カ月以内に停戦でも20%のマイナス成長-欧州開銀

オーストラリア政府、ロシアとベラルーシからの全輸入品に追加関税

  オーストラリア政府は31日、ロシアとベラルーシからの全ての輸入品に対し、35%の追加関税を課すと発表した。4月25日から実施する。既に適用されている関税率に上乗せされる。ベラルーシの支援を受けてウクライナに軍事侵攻したロシアの経済的な代償を増大させるための追加措置だとしている。

プーチン氏は自軍の強さを見誤っていた-英情報機関長官

  英情報機関、政府通信本部(GCHQ)のフレミング長官はオーストラリアで講演し、ロシアのプーチン大統領はウクライナ国民の抵抗やロシア軍の強さ、侵攻が経済に及ぼす影響について「大きく見誤っていた」と分析。

  ウクライナのロシア兵は武器の不足や士気低下で命令遂行を拒否するなどしているとした上で、プーチン大統領の顧問が大統領に真実を告げるのを怖がっているとしても、こうした見誤りはプーチン政権にとって明白なはずだと指摘した。

NY原油がアジア時間午前に下落-米石油備蓄大量放出の報道で

   ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物はアジア時間31日午前、一時5%超下落した。バイデン米政権は高騰するガソリン価格や供給不足に対応するため、石油備蓄の大規模な放出を検討していると報じられた。

原油先物が急落-米政府が石油備蓄からの大量放出検討との報道

政府、原油やパラジウムなど確保に向け議論開始-ウクライナ侵攻受け

  経済産業省は31日、ロシアによるウクライナ侵攻を踏まえ、原油などの化石燃料、半導体製造用ガス、パラジウムなど計6品目を安定供給確保のための対策を早急に講じる必要がある物資に指定したと発表した。

関連記事

サハリン2から日本は撤退しない方針、「自国で権益」と岸田首相 (1)

米国と豪州、インドを批判-対ロ制裁を骨抜きにする提案検討で

ロシア、国内株の空売り禁止を31日に解除-取引時間も正常化

BP、ロシア資産巡りアジアなど国営エネルギー大手に接触-関係者

中国の李首相、EU首脳と4月1日にビデオ会議

ロシアの2035年償還債クーポン支払い、一部投資家が入金確認

原題:Ukraine Update: Aid Convoys Have Been Unable to Reach Mariupol(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE