コンテンツにスキップする

ロシア、インドにSWIFTに代わる決済手段の利用提案-関係者

更新日時

インド政府はロシアとの2国間決済について、国際銀行間通信協会(SWIFT)国際決済ネットワークに代わりロシア中央銀行が開発したシステムを利用するよう同国側から提案を受け、それを検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  インドは、厳しい国際的制裁を受けるロシアから原油や武器を引き続き購入したい意向。ロシア側の提案には、メッセージシステムSPFSを利用するルピーとルーブル建ての決済が含まれるという。

     最終的な決定は下されておらず、ロシアのラブロフ外相が31日から2日間の日程でインドを訪れる際にこの問題が議題に上る可能性がある。ロシア中銀の当局者が詳細を詰めるため来週インドを訪問する公算が大きいとも、この関係者は述べた。

  インド財務省報道官のコメントは得られていない。インド準備銀行(中央銀行)に電子メールを送付したが、返答はなかった。

原題:Russia Offers SWIFT Alternative to India for Ruble Payments (1) (抜粋)

(3段落目以降を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE