コンテンツにスキップする

ドイツ2年債利回り、プラス圏に浮上-2014年以来約8年ぶり

ドイツ2年債が29日の取引で急落、利回りは8年ぶりにゼロを上回った。投資家は欧州中央銀行(ECB)による超緩和的な金融政策の縮小に備えている。

  短期借り入れコストの変更に特に敏感な独2年債利回りは14ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇のプラス0.02%。これは2014年8月以来の高水準。短期金融市場ではECBがインフレ抑制に向けて早ければ年末にも政策金利をゼロに引き上げ、数年に及ぶマイナス金利に終止符を打つとの見方が強まっている。

German two-year yield turns positive for the first time since 2014
ドイツ2年債利回り
出所:ブルームバーグ

 

原題:

German Two-Year Yield Turns Positive for First Time Since 2014(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE