コンテンツにスキップする

米ウォルマート、一部店舗でたばこ販売取りやめ-株価上昇

  • 28日の米株式市場でアルトリアなどのたばこ銘柄は下落
  • ウォルマートは電子たばこの販売を19年に中止している

ウォルマートは一部店舗でのたばこの販売を取りやめる。28日の米株式市場ではアルトリア・グループなどのたばこ銘柄が売られた。

  米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は関係者の話として、ウォルマートの同措置はカリフォルニアやフロリダ、ニューメキシコ、アーカンソーなどの州で実施され、たばこ陳列棚がセルフレジや食品棚に置き換えられる場合もあると報道。全面的にたばこ販売を中止する計画はなく、一部停止はスペースの有効活用のためだとする同社広報担当者のコメントも伝えた。

  ウォルマートは発表資料で、効率的な事業を運営しつつ「顧客ニーズに応える方法を常に検証」していると説明。その対象をたばこ分野に絞る作業の結果、「一部店舗でたばこ販売を打ち切る経営判断」に至ったと指摘した。米国内4700店舗のうち、何店舗がたばこ販売をやめるかについては明らかにしなかった。ウォルマート株は28日の取引を1.8%高で終えた。

  ウォルマートは電子たばこの販売を2019年に中止しているほか、銃・弾薬の販売規定もここ数年、厳しくしている。

原題:Walmart Ends Cigarette Sales in Some Stores; Altria Slides (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE