コンテンツにスキップする

ニッケル業界の大物、大規模ショートポジションの一部を今週買い戻し

  • 項光達氏、売り持ち高減らすためLMEで買いを入れた-関係者
  • LMEのニッケル価格はここ2日間に再び急騰

ニッケル業界の「大物」とされる項光達氏はニッケルの大規模なショートポジションの一部を買い戻した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同氏のポジションはニッケル市場で起きた前例のないショートスクイーズ(踏み上げ)の一因となった。

  中国のニッケル生産会社、青山控股集団を創業した項氏はニッケル市場の取引が今週再開されたのに伴い、ショートポジションを減らすためロンドン金属取引所(LME)で買いを入れた。関係者らは、情報が公になっていないとして匿名を条件に話した。

  ニッケル価格が再び急騰する中、項氏および同氏の銀行が被り得る痛手は今回のショートカバーで和らぐ。LMEのニッケル価格はここ2日間に30%超上昇している。関係者らによれば、項氏らはショートポジション全体の一部を減らしたにすぎず、売り持ち高は依然大きい。

関連記事

 

原題:

Nickel Tycoon Covered Part of His Big Short Position This Week(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE