コンテンツにスキップする

ロシア、ウクライナ侵攻で過去15年分の経済成長を失う見通し-IIF

  • ロシア経済成長率、2022年はマイナス15%と予想-来年マイナス3%
  • 当面の打撃が過ぎ去った後も「頭脳流出」などで経済に長期的影響

国際金融協会(IIF)によれば、ロシアはウクライナ侵攻によって来年末までに過去15年分の経済成長を失う見通しだ。多くの制裁措置が発動されたほか、ロシアから撤退する企業が相次いだことが背景。

  IIFのエコノミスト、ベンジャミン・ヒルゲンストック、エリナ・リバコバ両氏は戦争の影響に関する初期分析を行い、ロシアの経済成長率を今年がマイナス15%、来年がマイナス3%と予測した。この結果、国内総生産(GDP)は15年前の水準へと落ち込むことになる。両氏は追加制裁によって予測が変化する可能性もあるとしている。

  IIFはロシア経済について、当面の打撃が過ぎ去った後も「頭脳流出」で数年間は苦しむことになると指摘。さらに欧米のテクノロジー輸出規制により、ロシアでの技術開発は長期にわたって損なわれるとの見方を示した。

Hard Hit

Russian economy seen shrinking 15% this year over the war

Source: Statistics Service, Institute of International Finance for 2022-2023 forecasts

原題:Putin’s War Seen Wiping Out 15 Years of Russian Economic Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE