コンテンツにスキップする

東芝、株式の非公開化に向けた検討始める-報道

更新日時

東芝が株式の非公開化に向けた検討を始めると24日、日本経済新聞電子版が報じた。同社が同日開催した臨時株主総会では、会社提案の2社分割計画議案は反対多数で否決された。

  報道によると、株主がごく少数になる非公開化は物言う株主(アクティビスト)との対立解消につながるが、実現には国が特に重要なコア業種として位置付ける原子力事業を抱えるなど、改正外為法を含む課題も多いという。

  東芝広報担当の蝦名卓氏はブルームバーグの電話取材で、企業価値の向上のため、あらゆる戦略的選択肢の検討を引き続き行っていく予定だが、「現時点で決まったものはない」とコメントした。

  戦略の再検討を提案した大株主議案も否決されたことで、昨年から同社が検討を続けてきた再編計画は大幅な軌道修正を迫られる事態に陥っていた。

関連記事
東芝の前途に深まる混迷、2分割も戦略見直し案も否決-株価下落 (2)

 

(東芝側のコメントを追記します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE