コンテンツにスキップする

トヨタが1000億円上限に自己株取得へ-資本効率の向上図る

更新日時

トヨタ自動車は23日、発行済み株式数の0.58%に当たる8000万株、1000億円を上限に自己株を取得すると発表した。

Vehicles and Dealerships Ahead of Auto Companies Earnings
トヨタのロゴ
Photographer: Toru Hanai/Bloomberg

  発表資料によると、取得期間は3月24日から5月10日。取得の理由については足元の株価水準などを勘案し、これまで以上に機動的に実施することで資本効率向上を図るためと説明している。

  トヨタは株主還元の一環で、昨年5月に発行済み株式総数の1.46%、2500億円を上限に自己株を取得すると発表。11月にも同0.86%、1500億円を上限とする自己株買いを公表していた。また、9月末を基準日として1株を5株に株式分割していた。

  トヨタの株価は年初来で1.5%の上昇となっている。

(背景情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE