コンテンツにスキップする

サハリン1・2は日本の権益「大事にしなければいけない」-岸田首相

岸田文雄首相は22日、日本政府や企業が出資する石油・液化天然ガス(LNG)プロジェクトのサハリン1、2について、日本にとって重要なエネルギーの権益だとし、「大事にしていかなければいけない」と記者団に対して述べた。

  「ビジネスなのか、それとも我が国の権益なのかはしっかりと整理をしなければいけない」とも指摘。今後のロシアとの関係について、「国益の観点から冷静に判断していくことは重要だ」と説明した。

関連記事
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE