コンテンツにスキップする

【ウクライナ】ロシアがマリウポリ制圧に集中、「プランB」に変更か

更新日時
  • ロシアとのいかなる合意も国民に直接賛否問う-ウクライナ大統領
  • 極超音速ミサイルの使用は切羽詰まっている兆候-米大統領

ロシアはウクライナ南東部の港湾都市マリウポリのウクライナ軍に対し、武器を捨てて市外に去るよう要求したが、ウクライナはこれを拒否した。ロシア軍はマリウポリの制圧に集中している。速やかにウクライナ政権転覆や軍の無力化を図る作戦が行き詰まったことから、侵攻の目標を狭める「プランB」に変更した可能性がある。

ロシア軍がマリウポリ制圧に集中、目標狭める「プランB」に変更か

  ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシアとのいかなる合意もウクライナ国民に直接賛否を問うことになると述べた。また、政府としては北大西洋条約機構(NATO)加盟国が安全保障を提供する案を検討する用意があると表明した。

ロシアとのいかなる合意も国民に直接賛否問う-ウクライナ大統領

  国連によると、ロシアによる侵攻を受けてウクライナではこれまでに1000万人が家を追われた。これはウクライナ全人口の4分の1近くに上る数だという。大半は国内の他地域に避難した人だが、ポーランドなど他国に逃れた人も約340万人いる。

  欧州連合(EU)加盟国の一部は対ロシア制裁の第5弾に向けて準備を進めており、その中にロシア産原油の購入禁止が含まれる可能性がある。ただ、欧州委員会のボレル副委員長(外交安全保障上級代表)は、今週のEU首脳会議でそれについて議論するが、おそらく承認は見送られるだろうと語った。

  ロシア大統領府はEUがロシアからの石油輸入を禁止すれば、世界中、特に欧州大陸の「全ての人にとって打撃となる」と警告した。

  バイデン米大統領はロシアがウクライナに対し極超音速ミサイルを使用しているとした上で、これはプーチン大統領が一段と切羽詰まっていることを示すと指摘した。

relates to 【ウクライナ】ロシアがマリウポリ制圧に集中、「プランB」に変更か
空爆を受けたマリウポリの劇場
Source: Maxar Technologies via AP Photo
relates to 【ウクライナ】ロシアがマリウポリ制圧に集中、「プランB」に変更か
ロシアのウクライナ侵攻
 
経緯や背景などを解説するQuickTake

「極超音速ミサイル」何が違う、先頭を走るのはどの国か-QuickTake

戦争犯罪とは何か、プーチン大統領訴追の可能性はあるか-QuickTake

中国独自の国際決済システム、ロシアを救うには至らず-QuickTake

  ウクライナ情勢を巡る最近の主な動きは以下の通り。

バイデン氏、ロシアが米へのサイバー攻撃検討と警告-警戒呼び掛け

  バイデン米大統領は今週の訪欧を前に21日、ロシアが米国へのサイバー攻撃を検討していると警告し、セキュリティーを強化するよう民間企業に呼び掛けた。

S&P、ロシア企業の全格付け取り下げへ

  格付け会社S&Pグローバル・レーティングは21日、EUがロシアで設立された法人や事業体、機関への信用格付け提供を禁止する措置を公表したことを受け、4月15日の期限より前に関係する発行体に付与した既存の格付けを全て取り下げると発表した。

S&P、ロシア企業の全格付け取り下げ-EU期限4月15日までに (1)

ウクライナ大統領、ロシアと合意結ぶ場合は国民投票行う

  ウクライナのゼレンスキー大統領はテレビインタビューで、ロシアと合意を結ぶ場合は条件について国民投票で賛否を問うと語った。また北大西洋条約機構(NATO)加盟が不可能な場合は、妥協案としてNATO加盟国から安全保障を得ることを検討する用意があると述べた。

ロシア、日本との平和条約交渉を停止

  ロシアは北方領土の経済協力を巡る日本との対話を打ち切り、ビザなし交流についても制限する。日本との平和条約締結交渉を継続する意思はないとも表明した。ロシアのウクライナ侵攻を巡り日本が制裁を科したことを理由に挙げた。

ロシア、日本と平和条約交渉停止-北方領土経済協力の対話も打ち切り

ロシア軍はマリウポリ制圧に集中

  ロシア軍はマリウポリの制圧に集中している。ウクライナの体制変革を迫る戦略が行き詰まったことから方針を変更したと、複数の国の当局者や外交官が述べた。

  これら当局者によると、ロシアは事実上の支配下に置いているクリミアとウクライナ東部ドンバスを結ぶ陸の回廊を設けることに目標を修正している可能性があり、マリウポリへの集中的な攻撃はそれを示唆している。

ロシア軍がマリウポリ制圧に集中、目標狭める「プランB」に変更か

ロシア軍は135カ所の病院を攻撃-ウクライナ保健相

  ロシア軍はウクライナの病院にも攻撃を加えており、戦争開始以来、病院135カ所が損壊し、9カ所が修復不能となったと、ウクライナのリャシュコ保健相が述べた。砲撃で救急車3台が破壊され、医療従事者6人が死亡、16人が重傷を負ったという。

中国は戦闘停止に協力を-ウクライナ外相

  ウクライナのクレバ外相は、同国と中国との長期にわたる関係を指摘し、ロシアによる攻撃を停止させるための協力を中国に訴えた。

ロシアがフェイスブックとインスタグラムを禁止

  モスクワの裁判所は米メタ・プラットフォームズのフェイスブックとインスタグラムについて、ロシア国内での利用を禁止する判断を示した。事業者などを「過激派」組織と認定する法律を、外国のテクノロジー企業に初めて適用した。

EUの制裁をけん制

  ロシア大統領府のペスコフ報道官は記者団に対し、EUがロシア産原油を禁輸対象とすれば「世界の石油市場に深刻な影響を及ぼし」、「全ての人への打撃になる」と述べた。

イタリアのエネル、ロシアから撤退へ

  イタリア最大の公益事業会社エネルは、数カ月以内にロシアから撤退する。フランチェスコ・スタラーチェ最高経営責任者(CEO)がブルームバーグテレビジョンで明らかにした。

米大統領が欧州の首脳と電話会談へ

  バイデン米大統領は米東部時間21日午前11時(日本時間22日午前0時)にマクロン仏大統領、ショルツ独首相、ドラギ・イタリア首相、ジョンソン英首相と電話会談を行い、ウクライナに侵攻したロシアへの協調した対応について協議する。

  バイデン大統領はまた、25日にはポーランドを訪問し、ロシアの軍事侵攻によるウクラウナでの人道および人権の危機を巡りドゥダ大統領と話し合う。

バイデン米大統領、25日にポーランドを訪問-ホワイトハウス

ホワイトハウス、ロシア制裁巡り企業幹部と会合へ

  イエレン米財務長官やサリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)をはじめとする政府高官は、エクソンモービルなどのエネルギー会社やJPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカなどの金融機関、農業や製造業の企業幹部を招いてロシアによるウクライナ侵攻や対ロシア制裁の影響に関する会合を21日に開く。米当局者が明らかにした。

米政府、ロシア制裁巡り銀行やエネルギー企業と21日会合-当局者

ウクライナがマリウポリの降伏迫るロシアの要求拒否

  ウクライナは同国南部の都市マリウポリの明け渡しを迫ったロシアの要求を拒否した。ウクナイナ紙のウクライナ・プラウダがベレシュチュク副首相を引用して伝えた。

停戦交渉は21日も継続ーウクライナ大統領府顧問

  ウクライナ大統領府のポドリャク顧問は、同国とロシアの停戦交渉が21日も暫定的に継続することが計画されているとワッツアップへのメッセージで明らかにした。

マリウポリに降伏促す最後通告

  ロシア軍は包囲しているウクライナ南部の都市マリウポリに対し、降伏を求める最後通告を送った。ロシア国家防衛管理センターの情報を基にタス通信が伝えた。

  それによると、ウクライナ軍の全部隊は現地時間21日午前9時から11時の間に同市を離れる必要があり、それ以降に残っていた兵士は軍事裁判にかけられる。

交渉の一部は合意に近づきつつあるとトルコ外相

  トルコのチャブシオール外相は、ロシアとウクライナが停戦と外交的解決に向けた交渉で一部合意に近づきつつあるとの見解を示した。

  同外相はトルコ紙ヒュリエットとのインタビューで、「双方は最初の4つの条項に関してほぼ合意した」と発言。この中にはウクライナの中立性や同国が北大西洋条約機構(NATO)加盟を追求しないことでの歩み寄りなどが含まれるという。ただ、クリミアとウクライナ東部ドンバスの将来的地位といった未解決の問題が残っているとしている。 

  トルコはこの戦争の仲介を模索している国の一つ。チャブシオール外相は先週、ロシア、ウクライナ両国外相と個別に会談した。ロシア政府とウクライナ政府からは、これまでのところ反応はない。

ドイツ、LNGでカタールと合意

  カタールは液化天然ガス(LNG)をドイツに供給することで合意したと、ハベック独経済相が20日明らかにした。ロシア産ガスに対するドイツの依存を減らす狙いがある。

豪、ロシアへのアルミナ輸出禁止

  オーストラリアはロシアへのアルミナ輸出を禁止すると発表。ロシアのアルミニウム生産大手、UCルサール・インターナショナルに対する圧力を強める。アルミナはアルミニウムの主要原料で、オーストラリアはロシアへの供給の約20%を占めている。

ロシアのアルミニウム供給はひっ迫へ、豪が原料のアルミナ禁輸

「いかなる形式、いかなる機会も」

  ウクライナのゼレンスキー大統領はロシアのプーチン大統領と交渉する意思をあらためて表明。「交渉の可能性、プーチン氏と話す可能性を得るため、いかなる形式、いかなる機会も用いなければならない」と、米CNNとのインタビューで語った。

中国は戦争のエスカレート抑止に尽力-駐米大使

  中国の秦剛駐米大使は、ウクライナでの戦争をエスカレートさせないよう中国は「あらゆることをする」と表明した。

  秦大使は米CBSの番組で20日、「中国がロシアに軍事支援を提供しているといった偽情報がある」とし、中国は「どの勢力にも武器や弾薬」を送っていないと発言。ロシアとの間には「共通の利益が数多くある」とした上で、「中国は解決策の一部を成しており、問題の一部ではない」と述べた。

ゲームチェンジャーではない-米国防長官

  オースティン米国防長官はCBSの番組で20日、ロシアの極超音速ミサイル「キンジャール」について、「プーチン大統領がこうしたタイプの兵器使用に訴えているのは、勢いを一定程度取り戻そうとしているためだ」と分析。「これをゲームチェンジャー(状況や流れを一変させるもの)だとは見なしていない」と述べた。

  またホワイトハウスのサキ報道官は、バイデン大統領が今週、欧州連合(EU)首脳会議と北大西洋条約機構(NATO)首脳会議への出席のため訪欧する際に、「ウクライナを訪問する計画はない」とツイッターで説明した。

「キンジャール」で攻撃受けたとウクライナ大統領府顧問

  ウクライナ大統領府のポドリャク顧問は「キンジャールとバスティオンというミサイルシステムが、平和的な都市に向けて使われている」とツイート。「ロシアはこれまでの攻撃が失敗に終わっていることから、より破壊的な砲撃に転じた」と主張した。

ロシア、極超音速ミサイル再び使用と主張

  インタファクス通信によると、ロシアはウクライナのミコライウ州にある燃料貯蔵施設を破壊するため、極超音速ミサイル「キンジャール」を再び発射したことを明らかにした。ミコライウ州当局は20日、約1時間にわたり空襲警報を発令した。

家を追われたウクライナの人々、1000万人と国連

  戦争開始後に家を追われ、国外や国内の他地域に避難したウクライナ住民の数が1000万人に達したと、グランディ国連難民高等弁務官が明らかにした。

ロシア軍、掌握地域で厳しい監視戦術

  ハリコフの地元警察トップはフェイスブックで、ロシアによる砲撃で9歳の少年を含む少なくとも5人の民間人が夜間に死亡したと発表した。また、ロシアは民間人約400人が避難していたマリウポリの美術学校を爆撃し、地下室に人々が閉じ込められていると市議会が明らかにした。

  ウクライナ軍参謀本部によると、ロシア軍は掌握した地域で厳しい監視戦術を取り始めている。南部ヘルソン周辺では人道支援物資を運ぶ車両を軍が妨害している。ロシアは占拠した地域で地元の実業家に対し、従う見返りに債務免除や優遇措置を約束しているという。

ウクライナ、ロシアとのつながり疑われる一部政党の活動停止

  ウクライナのゼレンスキー大統領は20日、戒厳令に基づきロシアとのつながりが疑われる一部野党の活動停止を発表した。ビデオメッセージで、「ロシアとの全面的な戦闘ならびに一部政治構造の対ロ関係を踏まえ、ウクライナ国家安全保障会議は複数の政党の活動を停止すると決めた」と述べた。

日印首脳、ウクライナ情勢巡り意見交換-岸田首相は連携強化呼び掛け

  岸田文雄首相は19日、訪問先のインド・ニューデリーでモディ首相と会談した。ウクライナ情勢を中心に話し合った。岸田首相は記者団に対し、日本やインドなど民主主義国家が連携を強化すべきだとの認識を示した。

日印首脳、ウクライナ情勢巡り会談-岸田首相は連携強化呼び掛け

宇宙飛行士のフライトスーツ、ウクライナ支持意図せず-ロシア

  国際宇宙ステーション(ISS)に到着したロシア人宇宙飛行士がウクライナ国旗に使われる黄色と青色のフライトスーツを着用していたことが話題になったが、ロシア政府はこれがウクライナへの支持を表明するとの見方を否定した。ロスコスモスの広報担当によれば、フライトスーツは宇宙飛行士3人が卒業したバウマン・モスクワ国立工科大学の校章を象徴してデザインされた。

英首相、プーチン氏孤立化作戦で妥協を許さず

  ジョンソン英首相はロシアのプーチン大統領を国際社会から孤立させる動きを後退させてはならないと述べた。ブラックプールで開かれた保守党の会合で、「この期に及んでプーチン氏との関係正常化を図るのは、2014年に犯した過ちを繰り返すことになる」と話した。

ロシア、極超音速ミサイル「キンジャール」を初めて使用と主張

  ロシア国防省は19日、極超音速ミサイル「キンジャール」を18日に初めて使いウクライナ南西部イワノフランコフスクにある地下兵器倉庫を破壊したと発表した。

EU、ロシア資産のウクライナ支援への活用検討-関係者

  EU当局者はロシア制裁の対象となった実業家の資産をウクライナの戦後復興に活用する可能性について協議している。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

EU、ロシア資産のウクライナ支援への活用検討-関係者

ウクライナ大統領府顧問、ロシアとの交渉は数週間続く可能性

  ウクライナ大統領府のポドリャク顧問は18日、ロシアの姿勢がより適切になってきた兆候があるものの、同国との和平交渉は少なくとも「数週間」続く可能性があるとの見解を明らかにした。ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで発言した。

ウクライナ大統領府顧問、ロシアとの交渉は数週間続く可能性

ロシア債保有者の一部、ドルでクーポン支払い受けたと報告

  16日が期日だったロシアのユーロ債2本のクーポンについて、一部の債券保有者がドルで支払いを受けたと明らかにした。

ロシア債保有者の一部、ドルでクーポン支払い受けたと報告-関係者

ウクライナ戦争は消耗戦に-英国防情報当局

  英国防情報当局トップのジム・ホッケンハル中将は「ロシアは作戦を変更し、消耗戦略をとっている。これには無謀かつ無差別な火力の使用を伴う。結果的に民間人の犠牲が増え、ウクライナのインフラは破壊され、人道上の危機が深刻化するだろう」と記者団に述べた。

  西側の軍当局者によると、そのような爆撃をロシアは数週間にわたって続ける可能性がある。

関連記事

スイス銀行のロシア人資産に再び注目、ゼレンスキー氏が演説で批判

日印首脳、ウクライナ情勢巡り意見交換-岸田首相は連携強化呼び掛け

ロシア中銀、政策金利を20%で維持-数四半期はマイナス成長予想 (1)

英当局、ロシア国営メディアRTの放送免許剥奪-ウクライナ侵攻巡り

市況高騰で恩恵受ける総合商社、ロシアリスクへの警戒感もくすぶる

ウクライナ大統領のTシャツ批判、ネットで炎上-金融界の通念も変化

プーチン氏の崩れたゲームプラン、ウクライナ南部侵攻で透ける思惑

ヘッジファンドにも清算求める圧力、ロシア新興財閥系と関係解消迫る

プーチン氏に影響及ぼすのは不可能、西側は「現実離れ」とロシア富豪

原題:Ukraine Update: Biden Says Hypersonic Missile Shows DesperationUkraine Update: Peace Deal Would Need Referendum, Zelenskiy SaysUkraine Update: War Drives 10 Million From Homes, Mariupol Siege(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE