コンテンツにスキップする

バイデン氏、中国主席と18日協議へ-プーチン氏への圧力強化狙う

更新日時
  • 「米中間の競争管理やウクライナに対するロシアの戦争など」協議へ
  • 協議は米東部時間午前9時(日本時間午後10時)
バイデン大統領

バイデン大統領

Photographer: Al Drago/Bloomberg

バイデン米大統領は中国の習近平国家主席と18日に電話協議を行う。ホワイトハウスが明らかにした。バイデン氏はウクライナでの戦争を巡り、ロシアに対する国際的な圧力をさらに強めたい考えだ。

  ホワイトハウスのサキ報道官は声明で「これは米中間の開かれた対話を維持するための継続的な努力の一環」だと指摘。「両首脳は米中間の競争管理やウクライナに対するロシアの戦争など共通の懸念事項について協議する」と説明した。ホワイトハウスが公表したスケジュールによると、協議は米東部時間午前9時(日本時間午後10時)。

  米中首脳の協議は昨年11月以来。米中間では14日、サリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が中国の外交を統括する楊潔篪共産党政治局員とローマで会談した。

  中国はこれまでロシアと足並みをそろえており、ウクライナ侵攻の数週間前には中ロの友情に「限界はない」と宣言していた。中国はまた、ウクライナでの戦争を巡る米国の制裁による影響を避けたいとの考えも示している。

  バイデン政権は、戦争終結に向けて影響力を行使するよう中国政府に働き掛けてきた。しかしロシアのウクライナ侵攻への潜在的支援で中国を公に批判することには総じて消極的だ。その代わり、今回の戦争で各国が果たす役割は歴史によって裁かれると主張。複数の米当局者は中国に対し、制裁の打撃緩和を図ることでロシアを支援すれば深刻な結果に直面するだろうと警告している。

  中国はロシアを支援するいかなる取り組みも否定しており、当局者らは紛争終結を望んでいると発言している。 

原題:Biden to Speak With Xi Friday in Bid to Keep Pressuring Putin、Biden-Xi Call on Russia, Managing Competition Friday 9am ET(抜粋)

(2段落目に協議の時間を追加して更新します)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE