コンテンツにスキップする

KKR、不動産運用の三菱商事UBSリアルティを2300億円で買収

更新日時
  • 三菱商事とUBSから保有全株式を取得、譲渡は4月に実行の予定
  • 三菱商事UBSリアルティはJーREITで約1兆7000億円を運用

米投資ファンドのKKRは17日、三菱商事とスイスのUBSグループ傘下のUBSアセット・マネジメントが共同で保有する不動産運用会社、三菱商事UBSリアルティの全株式を2300億円(約20億ドル)で買収すると発表した。

  三菱商は保有する同社発行済み株式の51%、UBSアセットは49%をそれぞれ売却する。一連の株式譲渡により、三菱商事UBSリアルティは、KKRの間接子会社である76株式会社の子会社になる。三菱商の発表によると、株式譲渡は4月に実行予定。

  KKRは今回の買収資金について、運営するファンドからではなく、自社のバランスシートから拠出すると説明。全額現金で支払うという。

  三菱商事UBSリアルティは、日本版不動産投資信託(JーREIT)の日本都市ファンド投資法人と産業ファンド投資法人の資産運用を手掛けている。同社のウェブサイトによると、役職員は2021年12月末時点で154人。KKRの発表資料によると、運用資産残高は約1兆7000億円。

  KKRは三菱商事UBSリアルティの既存戦略を尊重しつつ、KKRのグローバルネットワークを使って成長を支援する意向。KKRジャパンの平野博文社長は発表資料で「さらなる事業基盤の強化を図り、顧客や投資家に付加価値を提供できるよう尽力していく」とコメントした。

(全体に加筆して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE