コンテンツにスキップする

ガンドラック氏、23年に米国は景気後退の公算-金融当局かなり出遅れ

  • 今年のリセッション基本ケースの予想でない
  • 米金融当局の16日の利上げ発表で2年債に「追随」したにすぎず

資産運用会社ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック最高経営責任者(CEO)は16日、今年のリセッション(景気後退)入りは基本ケースの予想でないが、米金融当局が経済を軟着陸させるのに後れを取る中で2023年にリセッションの可能性はあるとの認識を示した。

  ガンドラック氏はCNBCに対し、連邦公開市場委員会(FOMC)の16日の利上げ発表が米2年国債の動きに「追随」したにすぎないと述べ、当局は「かなり出遅れている」と指摘。「金利の絶対水準とインフレのレベルからみた現状では、イールドカーブは非常にフラットだ」と述べた。

  株式は売られ過ぎで目先は上昇するが、さらに2、3回の利上げが行われると転ぶだろうと予想した。

FOMC、0.25ポイント利上げ-年内の連続追加利上げも示唆 (2)

原題:

Gundlach Thinks A Recession’s Likely in 2023(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE