コンテンツにスキップする

バイデン氏、ロシア「残虐行為」非難-ウクライナにドローン提供

更新日時
  • スティンガー対空ミサイル800基、対戦車ミサイル9000基など供与へ
  • 提供されるドローンが武装しているかどうかは明言せず
U.S. President Joe Biden speaks in the Eisenhower Executive Office Building in Washington, D.C., U.S., on Wednesday, March 16, 2022. 

U.S. President Joe Biden speaks in the Eisenhower Executive Office Building in Washington, D.C., U.S., on Wednesday, March 16, 2022. 

Photographer: Al Drago/Bloomberg

バイデン米大統領は16日、ロシアがウクライナで「残虐行為」を犯していると非難した。またウクライナのゼレンスキー大統領が同日に米連邦議会でオンラインで行った演説については「説得力」があったと称賛した。

ウクライナ大統領が米議会で一段の支援要請、「真珠湾を思い出して」

  バイデン氏は、軍事支援の一環としてウクライナにドローンを提供する意向を表明し、ロシア軍が民間人の居住区域を攻撃しているとも述べた。ロシア政府はこれを否定している。

  米国による支援には、ウクライナがより長距離の対空システムを入手することへの協力が含まれるとバイデン氏は説明。ホワイトハウスの声明によると、新たな支援にはこのほか、スティンガー対空ミサイル800基、対戦車ミサイル9000基なども含まれる見通し。

ウクライナが得た大量の対戦車ミサイル、ロシアに戦術変更迫る可能性

  バイデン氏は質問を受け付けず、提供されるドローンが武装しているかどうかも明言しなかった。ホワイトハウス報道官も質問にはすぐに応じなかった。

原題:Biden Condemns Putin ‘Atrocities,’ Pledges Drones to Ukraine (1)(抜粋)

 

 

(第3段落以降を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE