コンテンツにスキップする

中国は株式市場を安定維持へ、国外上場も支持-本土・香港株急騰

更新日時
  • 不動産や国外上場、ネット企業関連リスクを受けた相場急落に対応
  • 市場に有利な政策の積極導入を-「経済を喚起」する必要性も指摘

中国政府は16日、金融市場を後押しするとともに、経済成長を喚起する政策を講じるとの力強い方針を打ち出した。不動産市場や国外上場、インターネット企業関連のリスクを受けた相場急落に対応する。

  国営新華社通信の報道によると、劉鶴副首相が国務院金融安定発展委員会(金融委)の会議を開催。各政府機関は「市場に有利な政策を積極的に導入」すべきだとし、1-3月(第1四半期)に「経済を喚起」する必要があると結論付けた。

  金融委は「資本市場に大きな影響を与える政策については、政策期待の安定ならびに一貫性を保つため、事前に金融管理部門と調整すべきだ」と指摘した。

  さらに、中国は国外上場を支持するとし、米上場の中国銘柄の問題を巡っては米当局との協議で前向きな進展があったと新華社は報道。双方は具体的な協力プランの策定に取り組んでいるという。

テクノロジー大手への対応

  声明ではインターネットプラットフォーム企業の「是正」に向けた取り組みを「できるだけ早期」に完了すべきだとした。中国当局は昨年、国内テクノロジー大手を標的とし、プラットフォーム運営企業による権限の乱用や競争阻害に警鐘を鳴らしていた。

  不動産市場の低迷については開発業者を巡るリスクの防止と解消に向けた効果的な計画に加え、新たな発展モデルへの転換で同業界を支援する政策の導入を呼び掛けた。金融政策は1-3月期に積極的なものとし、新規融資は適度に拡大する見通しだとした。

  声明では原油高騰などに拍車を掛けてきたロシアのウクライナ侵攻には触れなかった。

  スタンダードチャータードの大中華圏・北アジア担当チーフエコノミスト、丁爽氏は「今回の声明はさまざまな側面からあまりに多くの問題に対処しており、実に異例だ」と指摘した。

  金融委会議が討議したその他の主な内容は以下の通り。

  • インターネットプラットフォーム企業の規制は「規格化され、透明で予測可能な」ものであるべきだ
  • 金融機関は「大局的な視点で考慮し」、実体経済の発展をしっかり支えるべきだ
  • 長期の機関投資家が中国企業の持ち株を増やすことを歓迎
  • 香港金融市場の安定を巡り、中央政府と香港は意思疎通を強化するべきだ
  • 経済発展の継続は中国共産党にとって第一の優先事項
  • 経済は合理的な範囲で運営され、資本市場の運営は安定を維持しなければならない

  今回の発表を受け、中国・香港株は16日の取引で急騰。香港市場ではハンセンテック指数が22%上昇、ハンセン指数は9.1%高でそれぞれ引けた。アリババグループは27%上昇。テンセント・ホールディングス(騰訊)は23%高。香港上場の中国本土銘柄から成るハンセン中国企業株(H株)指数は13%上げ、2008年以来の上昇率で取引を終了。本土市場ではCSI300指数が4.3%高で引けた。

香港・中国株が急反発、H株は08年以来の大幅高-記録的売りから一転

原題:China Makes Strong Vow to Ease Crackdowns After Market TurmoilChina Vows to Keep Markets Stable, Support Foreign Listings (2)(抜粋)

 

(金融委の会議内容をブレット形式で加えて更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE