コンテンツにスキップする

目前に迫る世界的なガス争奪戦、欧州のロシア産燃料調達停止計画で

  • EUは主要なLNG輸入国の韓国と同等の輸入が必要に
  • アジアと欧州のLNGスポット争奪戦で価格はさらに上昇する見通し

ロシアからガス供給遮断の脅しを受けている欧州諸国が代替調達先の確保に奔走する中、液化天然ガス(LNG)市場では世界的な争奪戦の火ぶたが切られようとしている。

  ロシアは、欧州大陸の消費量の3分の1をまかなうのに十分なガスを欧州に毎日送っている。この供給の大半を年内に切り替えるため、欧州はLNG市場で3番目に大きな買い手である韓国の年間輸入量と同等の新たなLNG供給源を必要とする計画を策定した。

  これは現在の市場構造を破壊しかねない貿易フローの変更だ。世界の需要は今年利用可能な追加のLNG供給をはるかに上回り、欧州はアジアの最も近い生産者から出荷されるガスを奪い、既に高騰している価格をさらに押し上げる可能性がある。

  クレディ・スイス・グループのエネルギーアナリスト、サウル・カボニック氏は「欧州が実質的にアジア諸国と競争する中、これはLNGスポット価格に対する大きな上昇圧力となるだろう。オーストラリアのLNG船が欧州に向かうのは極めて非効率的だが、エネルギー市場の常識の大半が崩壊した今はそうしたことが起こり得る」と語った。

Sizeable Increase

Europe's plan to boost LNG imports is nearly Korea's annual demand

Source: Ship-tracking data compiled by Bloomberg; Bloomberg

Note: LNG demand is for 2021 imports

 

Natural gas prices in Europe and Asia surged to a record on Russia supply fears
 
 

 

原題:

Europe’s Plan to Quit Russian Fuel Starts a Global Fight for Gas(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE