コンテンツにスキップする

原油200ドル到達後、年末まで150ドル前後に-ナイジェリア石油資源相

ナイジェリアのシルバ石油資源相は、ロシアのウクライナ侵攻で市場の混乱が続く中で原油価格は1バレル当たり200ドルに達した後、年末まで150ドル前後で推移する可能性があるとの見方を示した。

  同相はヒューストンで開かれているS&Pグローバル主催のエネルギー国際会議「CERAウィーク」の合間にブルームバーグ・テレビジョンとのインタビューで語った。

  同相はナイジェリアの生産余力は日量60万バレルだが、「一定の作業」と投資が必要だと説明。「一定の投資とともに多くの作業を実施すれば」、年末までに市場への供給を増やせる可能性があると語った。

原題:

Nigerian Oil Minister Sees Crude Hovering Near $150 by Year-End(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE