コンテンツにスキップする

アマゾン、1対20株式分割と100億ドル自社株買い発表-株価上昇

更新日時
  • 株式分割は97年IPO後2年半の間に3回実施して以来約23年ぶり
  • 持ち株管理の柔軟性高め、平均的投資家の入手をしやすくする狙い

米アマゾン・ドット・コムは9日、1対20の普通株分割と最高100億ドル(約1兆1600億円)の自社株買い計画を発表した。これを受け、同社株は9日の通常取引終了後の時間外取引で一時11%上昇した。

  リテール投資家から見た魅力を高めるため、アップルやグーグル親会社アルファベットといった他の巨大IT企業も株式分割に動いており、米主要テクノロジー企業の4桁株価の時代に終わりを告げる。アマゾンとしては、1997年の新規株式公開(IPO)後2年半の間に3回実施して以来約23年ぶりとなる。

グーグル親会社、株式分割で個人投資家呼び込みへ-ダウ採用にも道

  アマゾンは発表資料で、従業員の「持ち株管理の柔軟性を高める」ことや、平均的投資家による入手をしやすくする狙いがあると説明した。

  株式分割計画は取締役会で承認されたが、5月25日に開く年次株主総会での議決が必要となる。株主の同意を得て6月に実施する予定だ。自社株買いに特定の期限は設定していない。

アマゾンは1対20の普通株分割と最高100億ドルの自社株買い計画を発表
Source: Bloomberg

 

  ウェドブッシュ・セキュリティーズのアナリスト、マイケル・パクター氏は株式分割について、(売買単位に満たない)端株でなく、そろった株式を受け取れるようにすれば従業員の疎外感が和らぐため、アマゾンが現在進めている報酬制度見直しの一環である可能性が高いと指摘した。

  ただ株式分割で株価が下がれば、一般投資家も証券会社経由で端株を買うだけでなく、まとまった購入が容易になる。

  9日の通常取引で、アマゾンの株価は2.4%高の2785.58ドルで終了。99年9月の最後の株式分割以降では、4000%余り値上がりした計算になる。

Amazon shares have gained more than 4,000% since its last stock split
 
 

 

An Amazon Fulfillment Center On Cyber Monday
アマゾンの商品発送センター(米ニュージャージー州)
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

 

原題:Amazon to Split Stock 20-for-1, Plans Buyback Up to $10 Billion、Amazon to Split Stock 20-For-1, Buy Back Up To $10b of Shares(抜粋)

(アマゾンの発表資料の説明などを追加して更新します)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE