コンテンツにスキップする

ハイネケン、ロシアで生産・販売を停止-将来の戦略的オプション検討

Logo decals pass through a labeling machine at the Heineken NV brewery

Logo decals pass through a labeling machine at the Heineken NV brewery

Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

世界2位のビール会社、オランダのハイネケンは、ロシア国内で自社ブランドのビールの生産と販売を停止した。ウクライナへの軍事侵攻を踏まえ、今後のロシアでの事業についても検討する。

  同社は9日の発表資料で、ロシアにおけるハイネケンブランドの生産、広告、販売を直ちに停止する方針を明らかにした。これに先立ち同社は、全てのロシア向け新規投資と、同社グループの他のブランドの輸出を既に停止していた。

  ハイネケンはまた、「ロシアから資金やロイヤルティー、配当が流出するのを防ぐ」ため、広範なグループからロシア事業を制限する措置も講じている。

  同社は「ハイネケンはロシア事業から生じる純経済的利益をもはや受け入れない」と説明。20年にわたり事業を続けてきたロシアでの将来について、戦略的オプションを検討していると付け加えた。

原題:

Heineken Stops Sale of Heineken Beer in Russia, Reviews Business(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE