コンテンツにスキップする

ロシア、一部原材料の輸出制限へ-西側の制裁に対抗、詳細は不明

  • プーチン氏が命令に署名、具体的な対象は後ほど公表と説明
  • 制限が適用される国々のリストをまとめるよう大統領府が指示

ロシアは、西側諸国の制裁に対抗するため一部の物品や原材料の貿易を禁止・制限する命令を出した。具体的な対象については、後ほど詳細を明らかにするとした。

  8日に掲載された資料によると、命令に署名したプーチン大統領は、対象となる項目は内閣が規定する必要があると説明した。大統領府は政府に対し、制限が適用される国々のリストを2日以内にまとめるよう指示した。

  ロシアは石油やガス、穀物、金属の主要輸出国。ウクライナ侵攻が始まって以来、供給の混乱や制裁、対抗措置を巡る懸念から商品相場が急騰している。今回の命令を受け、小麦やアルミ、パラジウムの価格は急伸した。

It’s More Than Just Natural Gas

Value of imports from Russia, Belarus and Ukraine in categories they dominated in 2019 and 2020

Source: UN Comtrade

Note: Bloomberg’s analysis looked at all 4-digit Harmonized System (HS) commodity codes where the combined import share from Russia, Belarus and Ukraine to distinct economies was 50% or higher.

  これまでのところ、ロシア側の報復措置は、国外への通貨持ち出しの制限を除けば曖昧なものにとどまっている。「非友好国」リストの作成のほか、ガスパイプライン「ノルドストリーム1」経由での欧州への天然ガス供給の停止も辞さないとの警告を今週発している。

ロシア、ノルドストリーム1経由の欧州への天然ガス供給遮断も辞さず

  西側はロシアへの圧力を強めており、米国と英国は8日、ロシア産原油の輸入禁止を発表した。ロシア産エネルギーへの依存度の高い欧州連合(EU)では、禁輸の是非を巡り意見が分かれている。

原題:

Russia to Restrict Some Raw Material Exports; Omits Details (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE