コンテンツにスキップする

【米国市況】株は続落、ウクライナ情勢に揺れる展開-国債利回り上昇

Commuters exit the Wall Street subway station near the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Monday, May 14, 2018.

Commuters exit the Wall Street subway station near the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Monday, May 14, 2018.

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

8日の米株式相場は続落。世界の金融市場は引き続きボラティリティーに揺れ、ウクライナでの戦争に関連したニュースに反応して荒い値動きとなった。

  • 米国株は4日続落、日中通して乱高下-ダウ平均184ドル安
  • 米国債は下落、10年債利回り1.84%に上昇
  • 通貨ボラティリティー指標は低下-ユーロ上昇
  • NY原油は大幅続伸、米英がロシア産石油の禁輸を発表
  • NY金は20年8月以来の高値、米がロシア産原油の禁輸発表

  S&P500種株価指数は前日比0.7%安の4170.70。引け前1時間にマイナス圏に沈んだ。一時は2%近く上昇する場面もあった。ダウ工業株30種平均は184.74ドル(0.6%)安の32632.64ドル。ナスダック総合指数は0.3%下落。

  株式や商品、通貨、国債はロシアのウクライナ侵攻が始まって以降、2週間近くにわたって変動の大きい相場が続いている。

  TDアメリトレードのチーフマーケットストラテジスト、JJ・キナハン氏は「正直なところ、市場はあらゆる要素を見落とさないようにしているようだ」と指摘。「事実、これから何が起きるのかについてはすべてが極端に敏感だ。かなり流動的であり、何が起こるか見守るしかない。日々の展開を予測するのは非常に難しい」と述べた。

  米国債相場は下落。3年債入札の需要が低調だったことなどが背景。ウクライナの北大西洋条約機構(NATO)加盟をもはや要求していないとのゼレンスキー大統領発言がAFPに報じられると、一時的にリスク選好ムードが市場に広がった。

  ニューヨーク時間午後4時17分現在、10年債利回りは7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.84%。

The S&P 500 closed down after swinging between gains and losses
S&P500種株価指数
出所:ブルームバーグ

  外国為替市場では通貨ボラティリティーの指標が低下。前日には新型コロナウイルス禍が始まった当初以来の高水準に達していた。ユーロや欧州通貨は上昇。欧州連合(EU)がエネルギーや防衛関連の支出に充てるため、債券の共同発行を計画しているとの報道が背景。

EU、大規模な債券共同発行を計画-エネルギーや防衛向け資金を調達

  JPモルガン・グローバルFXボラティリティー指数は3営業日ぶりに低下。前日は2020年4月以来の高水準を付けていた。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇。ニューヨーク時間午後4時18分現在、ドルは対円で0.3%高の1ドル=115円68銭。ユーロは対ドルで0.5%高の1ユーロ=1.0906ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は大幅続伸。米国がロシア産エネルギーの輸入禁止を発表したほか、英国もロシア産石油の輸入を段階的に禁止する計画を明らかにした。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物4月限は、前日比4.30ドル(3.6%)高の1バレル=123.70ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント5月限は4.77ドル高の127.98ドル。

  CIBCプライベート・ウェルス・マネジメントのシニアエネルギートレーダー、レベッカ・バビン氏は正式な制裁が「衝突の長期化」を示唆し、長期にわたってエネルギー市場に「膨大な影響」が及ぶとの見方を示した。

  ニューヨーク金相場は大幅続伸、2020年8月以来の高値となった。米政府がロシア産原油の輸入禁止に踏み切ったことを受け、インフレと経済成長の見通しについて懸念が広がった。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は、前日比2.4%高の1オンス=2043.30ドルで終了。金スポット価格は一時2070ドルを超える場面があった。

  オアンダのシニア市場アナリスト、エド・モヤ氏は「極端な商品相場高騰が経済成長見通しの脅威になることが非常に明白になりつつあり、投資家は金への逃避を加速させている」と指摘した。

原題:Stocks Finish Lower After Whipsaw Day on War News: Markets Wrap(抜粋)

Treasuries Slide, Led by Belly; Losses Extend After Soft 3Y Sale(抜粋)

Currency Volatility Drops From Highest Since 2020: Inside G-10(抜粋)

Oil Extends Gains With U.S. and U.K. Banning Russian Imports(抜粋)

Gold Rises to 19-Month High as U.S. to Impose Ban on Russia Oil(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE