コンテンツにスキップする

バイデン大統領、「最大の動脈を標的」-ロシア産原油輸入禁止

更新日時
  • 「プーチンの戦争にわれわれは加担しない」-バイデン氏
  • 英国もロシア産原油を禁輸へ、天然ガスと石炭の輸入は継続

バイデン米大統領は8日、ロシア産の原油や液化天然ガス(LNG)、石炭など化石燃料の輸入を禁止すると発表した。ロシアのウクライナ侵攻に対し、一段と踏み込んだ経済制裁を科す。

  米エネルギー情報局(EIA)のデータによれば米国が2021年に輸入した原油のうちロシア産が占める比率は約3%。他の石油製品を含めるとロシア産は約8%だった。データ解析会社クプラーによると、今年に入ってロシア産原油の輸入ペースは17年以来最も遅くなっている。

  英国もこの日、ロシア産原油の輸入を数カ月かけて段階的に禁止する計画を発表した。ただ天然ガスと石炭の輸入は継続するとした。ロシア産燃料への依存度がより高い他の欧州諸国は禁輸に同調しない見込み。

  バイデン氏はホワイトハウスで「ロシア経済最大の動脈を標的にする」と表明。「プーチンの戦争にわれわれは加担しない」と述べた。

 

ロシア産原油の輸入禁止を発表するバイデン米大統領
Source: Bloomberg

シェルとBP、ロシア産石油の新規購入停止-自主制裁が拡大 (1)

Oil Exposure

Marathon was the top U.S. buyer of Russian crude in 2021

Source: EIA's Company Level Import

  またバイデン氏は「ロシアの侵略はわれわれ全員に負担をもたらしている」とし、国内ガソリン供給網における価格つり上げをけん制。自身の政策が国内掘削業者の増産を妨げないとし、それにもかかわらず各社はすでに確保した連邦政府所有地のリースを活用していないと指摘した。

バイデン米大統領、石油・ガス業界に過度な値上げしないよう警告

  「プーチンはどんな犠牲があろうと自身が決めた残虐な道を進み続ける決意のようだ」とし、病院や住宅地域、原子力発電所といった民間ターゲットを意図的に攻撃しているとロシアを非難した。

  バイデン氏は「ロシアはこれからもおぞましい犠牲を強いながら進軍を続けるかもしれないが、これだけははっきりしている。ウクライナは決してプーチンの勝利にはならない」と述べ、「プーチンは都市を陥落させたとしても、国家を手に入れることは断じてない」と語った。

  米政府高官が匿名を条件に記者団に語ったところでは、輸入禁止は即時発効し、発注済み燃料の輸入については45日間の移行期間を設けるという。

  財務省と国務省に禁輸の執行権限を付与した大統領令によると、バイデン氏はロシアのエネルギーセクターへの米国投資も禁じた。

原題:Biden Says U.S. Will Ban Russian Fuels to Pressure Putin (1)(抜粋)

(英国の情報などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE