コンテンツにスキップする

プーチン氏が始めた戦争、習主席に台湾攻撃思いとどまらせる教訓も

  • 戦力の優位だけでは迅速な勝利に不十分-ウクライナの戦況示す
  • ロシアの国際的孤立や米陣営の結束、米軍介入の可能性の指摘も

ロシアによるウクライナ侵攻に先立ち、米当局者はそれが現実化した場合、中国が台湾攻撃の可能性を念頭に洞察を求める機会と捉えるだろうと警告してきた。だが、侵攻開始から2週間近く経過し、プーチン大統領が仕掛けた戦争は習近平国家主席にとって侵略の工程表というよりも、同様の行動を思いとどまらせるように作用しているものと見受けられる。

  台湾とウクライナには多くの点で大きな違いがあるが、いずれも米国と足並みをそろえる民主主義体制であり、独裁主義国家が自国の領土や勢力圏と主張している立場にあるため、しばしば比較の対象とされる。プーチン氏がかねてウクライナ侵攻をほのめかしてきたように、中国も武力による台湾統一の可能性を排除しておらず、最近では台湾周辺での軍事活動を活発化させている。

関連記事

  しかし、ウクライナにおけるロシア側のこれまでの戦況は、戦力の優位だけでは犠牲者を最小限にとどめつつ迅速な勝利を収めるには不十分であることを示唆している。中国による侵攻の可能性を常に警戒している台湾の人々は、ウクライナでの戦争の初期段階でロシアが苦戦している様子に勇気付けられている。

  台湾のテレビ局でニュースアンカーを務めた経歴を持ち、現在は与党民主進歩党所属の立法院(議会)議員の林楚茵氏はプーチン氏が命じた戦争について、「中国が想像するほど台湾攻略は容易ではないというシグナルを中国に送るもので、自国より小さかったり軍事的に弱かったりする相手をミサイルで負かすことができるという誤った通説を打ち砕くことにもなる」と語った

Taiwan's Defense Ministry Holds Military Combat Live-Fire Exercise
台湾新竹市での実弾演習(2021年12月)
Photographer: I-Hwa Cheng/Bloomberg

  ウクライナ軍はこれまでのところ首都キエフや他の戦略的要衝でロシア軍に抵抗し、ドイツや日本、シンガポールなど従来は慎重姿勢だった国々も含め、世界中の政府が前例のないスケールの対ロシア制裁に参加した。ロシア軍は集合住宅や欧州最大の原子力発電所さえも無差別に砲撃し世界にショックを与えた。ロシア側は軍事目標だけを攻撃していると主張している。

  ウクライナでの戦争を巡る中国の姿勢にも戦況とともに変化が見られる。中国の薛剣・在大阪総領事は、台湾における中国の敵対勢力に対しプーチン氏によるウクライナ攻撃は「大きな教訓」を含むもので、「弱者は強者にけんかを売るほど愚かであってはならない」と侵攻直後にツイートしていた。

中国は米国に対しインド太平洋版NATO構築を目指すことのないよう警告
 

  中国政府はその後、表現をトーンダウンしている。中ロの友好関係に制限はないとした2月の首脳会談の共同声明に沿った形で、中国は国連でロシアを支持する一方、ウクライナの主権に支持を表明するとともに民間人の犠牲に懸念を示した。

  ただ、台湾に関する中国の言動は相変わらずタカ派的だ。中国の王毅外相は7日、ウクライナが主権国家である一方、台湾は中国の「不可分の領土」だとして両者の比較をはねつけた。さらに、台湾との関係を正式なものとするよう求める米国内の声に警告を発するとともに、インド太平洋版の北大西洋条約機構(NATO)構築を狙っているとして米国を非難した。プーチン氏がウクライナ侵攻を正当化するのにNATOの東方拡大を指摘したのに呼応する。

  全国人民代表大会(全人代、国会に相当)に合わせて記者会見した王外相は、米国の動きについて、「台湾を不安定な状況に追い込むことになるだけでなく、米国側にとって耐え難い結果を招くことにもなる」と述べ、台湾は最終的に母国の懐に戻ると主張した。

  ブルームバーグ・ニュースが元当局者や著名な中台関係ウオッチャーら計十数人にインタビューしたところ、具体的な評価にはまだ時期尚早と全員が回答した上で、プーチン氏が始めた戦争は中国政府に台湾への軍事行為を思いとどまらせるとの見方が大勢を占めた。その多くは、プーチン氏が迅速な勝利を達成できずにいることや、ロシア政府の国際的孤立、米国とその同盟国による団結した対応、米軍介入の可能性、国内の反応などさまざまな理由を挙げた。

  これに対し、ロシアによる今回のウクライナ侵攻が習主席による台湾侵略をあおるとする少数意見があるのも確かだ。その結果、経済制裁が科されたとしても中国には小さな代償だとし、米国が紛争に軍事介入するか疑問視している。さらに、プーチン氏の動きからは、強度に統制された政治体制の年老いた指導者は外部の識者には合理的とは考えられないようなリスクを進んで取る可能性が浮き彫りとなったという。

Taiwan's Best Landing Sites Are Well Defended

Sources: The Chinese Invasion Threat, NASA, OpenStreetMap contributors, Natural Earth, Google Earth

 

原題:

Putin’s War on Ukraine Shows Xi the Dangers of Attacking Taiwan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE