コンテンツにスキップする

ロシア、ノルドストリーム1経由の欧州への天然ガス供給遮断も辞さず

  • 決定まだ下されず、パイプラインは現在「フル稼働」-ロシア副首相
  • 米欧が禁輸に踏み切れば原油1バレル=300ドル以上の可能性を警告

ロシアはウクライナ侵攻に対する制裁措置への対抗策として、ガスパイプライン「ノルドストリーム1」経由での欧州への天然ガス供給の停止も辞さない構えを表明した。エネルギー市場の混乱を深め、消費者物価のさらなる上昇を招く恐れがある。

  エネルギー問題を担当するノバク副首相は7日遅くのテレビ演説で、ロシア経済に科された制裁に等しいような行動を取る権利が同国にはあると発言。ノルドストリーム1を遮断する決定はまだ下されていないとも述べ、同パインプラインは現在「フル稼働している」と付け加えた。

  ノバク副首相はまた、米国と欧州連合(EU)がロシア産原油の禁輸に踏み切ればロシアには原油販売で別の選択肢があると語り、そうした行動は「世界の市場に壊滅的な結果」をもたらし、価格が1バレル=300ドル以上に急騰する可能性があると警告した。

原題:

Russia Threatens to Cut Gas Flows to Europe Via Nord Stream 1(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE