コンテンツにスキップする

中国、太平洋版NATO構築しないよう米国に警告-台湾支援もけん制

  • 米国のインド太平洋戦略、アジア版NATOの構築が「真の狙い」
  • 「台湾は最終的に母国の下に戻る」-中国の王外相
BEIJING, CHINA - MARCH
BEIJING, CHINA - MARCH Photographer: Andrea Verdelli/Getty Images AsiaPac

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

中国は米国に対し、北大西洋条約機構(NATO)のような組織を太平洋で構築することを目指さないよう警告した。台湾に関する安全保障面での対立とウクライナを巡る対立は「全く比較できるものではない」とした。

  中国の王毅外相は7日の年次会見で、米国のインド太平洋戦略の「真の狙い」はアジア版NATOの構築だと言明した。中国はこれまで、中国の成長を追い抜くために米国が勢力圏の形成を試みていると非難してきた。ロシアのプーチン大統領が同様の主張を掲げてウクライナに侵攻して以降、中国のこの批判はさらに関心を集めるとみられる。

  王外相は「平和や発展、協力、ウィン・ウィンの結果を求める域内の共通の願いと逆行する動きだ」と発言、「失敗する運命にある」と述べた。

  米国による台湾との連携拡大については、「台湾を不安定な状況に追い込むことになるだけでなく、米国側にとって耐え難い結果を招くことにもなる」と述べ、「台湾は最終的に母国の下に戻る」と主張した。

 

原題:China Warns U.S. Against Forming Pacific NATO and Backing Taiwan

(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE