コンテンツにスキップする

ビザとマスターカード、ロシア業務を停止-対ロ制裁に加わる

更新日時
  • ビザは「ロシアの理不尽なウクライナ侵略」を指摘
  • バイデン米大統領、両社の決定を歓迎すると表明

米決済処理ネットワークのビザとマスターカードは5日、ロシアでの事業を停止すると発表した。ウクライナに軍事侵攻したロシアの経済を孤立化させる国際社会の取り組みに歩調を合わせる。

  ビザは「ロシアの理不尽なウクライナ侵略」を指摘し、マスターカードは「現在の紛争と不確実な経済環境は異例」だと説明。バイデン米大統領は両社がそれぞれ発表した決定を歓迎すると表明した。

  ビザとマスターカードによれば、ロシア国内で発行されたカードを使った取引は、ロシア国外で実行できなくなるほか、ロシア国外発行のカードはロシアの店舗や現金自動預払機(ATM)で使えなくなる。

  ビザはロシア国内で発行されたカードでロシアの消費者が製品やサービスの支払いを行うことは可能だが、同社はそうした取引を処理しないとしている。

  ロシア中央銀行はロシアの銀行が発行したビザとマスターカードのカードについて、期限切れまで機能し続けるとする声明を出した。

原題:Visa and Mastercard Suspend Their Operations in Russia (2)(抜粋)*BIDEN WELCOMED VISA, MASTERCARD DECISION ON RUSSIA SERVICES

(詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE