コンテンツにスキップする

ロシアは1998年のような経済「崩壊」に向かっている-JPモルガン

  • ロシアGDPの「ピークから底」までの落ち込みは11%前後と推計
  • 中銀への制裁やSWIFTからの排除が原油・ガス輸出に影響と分析

JPモルガン・チェースは、ロシア経済の「崩壊」が1998年のデフォルト(債務不履行)後と同程度になる可能性があるとの見方を示した。ウクライナ戦争に関する各制裁措置がロシアの輸出に及ぼす影響を考慮に入れている。

  エコノミストらはリポートで、ロシアの国内総生産(GDP)の「ピークから底」までの落ち込みは「1998年の債務危機と同程度」の11%前後となると推計。中央銀行に対する制裁に加え国際銀行間通信協会(SWIFT)の国際決済ネットワークからの排除がロシアの原油とガス輸出の障害になると分析した。

  「ロシアの輸出収入は抑えられ、経常収支の大幅な黒字にもかかわらず、資本流出はすぐに起こるだろう」とし、「輸入とGDPは急減する」と予想した。

Deep Dive

Russia's economy to contract after sanctions and isolation

Source: Federal Statistics Service, JPMorgan forecast for 2022

  プーチン大統領のウクライナ侵攻を受け米国などがロシアを金融市場から締め出そうとしているため、買い手はロシアとの取引を避け、トレーダーらは記録的な値引きで同国産原油を売ろうとしている。ロシア中銀に対する制裁により、ルーブル防衛も困難だ。

Russia more than doubles its key rate to shore up ruble
 
 

  エコノミストらは「制裁は外貨準備と経常黒字という安定のための2本の柱を弱体化させる」と説明した。

  JPモルガンは現在、ロシア経済が今年7%縮小すると予想。これまでの3.5%から変更した。今四半期には季節調整後・年率ベースで10%減少、次四半期には35%の大幅減少になるとみている。

  「制裁はロシア経済に打撃を与えるだろう。ロシアは深刻なリセッション(景気後退)に向かっているとみられる」と指摘した。

原題:

JPMorgan Warns Russia Headed for 1998-Like ‘Collapse’ in Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE