コンテンツにスキップする

石炭価格急伸、過去最高値を更新-ウクライナ紛争で供給懸念高まる

Coal is unloaded at Yuzhny Port, near Odessa, Ukraine in 2017.

Coal is unloaded at Yuzhny Port, near Odessa, Ukraine in 2017.

Photographer: Vincent Mundy/Bloomberg

2日の取引で石炭価格が46%上昇し、過去最高値を更新した。ロシアからの供給が混乱に陥るとの懸念で、エネルギー市場の逼迫(ひっぱく)を巡る不安に拍車がかかった。

  ICEフューチャーズ・ヨーロッパによると、オーストラリアのニューカッスル港から積み出される高品質の発電用石炭(一般炭)の先物相場は1トン=446ドルと、1日で140.55ドル値上がりし、2008年にさかのぼるデータで最高の水準となった。ニューカッスル港積み価格は世界最大の石炭市場であるアジア向けの指標価格。

  ニューカッスルの先物は2月25日終値の220.95ドルから2倍余りに上昇。昨年3月に付けた安値は80.50ドルだった。

商品相場、09年以来の大幅上昇-ウクライナ危機で供給懸念

Newcastle coal futures have jumped on concerns over energy supply
 
 

原題:Coal Benchmark Jumps 46% as Ukraine War Stokes Supply Fears (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE