コンテンツにスキップする

ウクライナの港に停泊のバングラデシュ船がミサイル被弾、1人死亡

黒海北部にあるウクライナのオルビア港に停泊していたバングラデシュ船にミサイルが着弾して火災が発生し、乗船していたエンジニア1人が死亡したと、船会社が明らかにした。どこのミサイルかは不明だとしている。

  バングラデシュ・シッピングによると、バングラー・サムリッディ号はロシアのウクライナ侵攻が始まった後、この港で立ち往生していた。貨物は運搬しておらず、乗組員29人が乗っていた。

  同社のピジュシュ・ダッタ業務執行取締役は「ミサイル被弾で船は炎上したが、ロシアとウクライナのどちら側のミサイルかは分からなかった」と語った。

原題:

Missile Sets Bangladeshi Vessel Ablaze in Ukraine Port, One Dead(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE