コンテンツにスキップする

ロシア市場は崩壊状態、制裁で資金凍結-ロシア企業の預託証券98%安

  • ソブリン債にデフォルト懸念、原油はディスカウントも買い手つかず
  • ルーブル相場の展開を予測するのは不可能-TDセキュリティーズ

ロシアは株式市場の閉鎖が続き、外国人投資家への現金支払いが全面的に禁止された。ロンドンやニューヨークのファンドは取引を停止した。

  現状では控えめに言っても、ロシア関連の金融資産はほぼ凍結された様子だ。ロシア経済の生命線を握る商品の輸出にも混乱が生じ、ロシア産原油を拒否する買い手も現れた。

  プーチン大統領がウクライナ各都市への攻撃を強める一方、厳格な経済制裁が効果を発揮し、ロシアは外部世界との金融上のつながりが絶たれつつある。

  金融市場では以下のような展開が見られている。

ソブリン債

  ロシアは2日が期限のルーブル建て国債のクーポンを支払ったが、中央銀行が外国人投資家への送金を禁止したため、外国人が資金を受け取れるかどうかは明らかでない。

  この110億ルーブル(約114億円)の支払いが予想通り行われたとしても、債務不履行(デフォルト)となる可能性があるのかどうか投資家は理解に努めている。GAMインベストメンツのポール・マクナマラ氏はこのクーポンについて、「全ての債券保有者に届かない限り、デフォルトは避けられない」とし、それまでは「確信を持って支払ったなどとは言えない」と指摘した。

ロシアはルーブル国債クーポン支払いへ、外国人が受け取れるかは不明

株式

  ロシアの国内株式市場は取引停止が3日間続いているが、その間にロンドン証券取引所で取引されるロシア企業の預託証券は価値がほぼなくなっている。

  同取引所に上場するロシア主要11企業の預託証券に連動するダウジョーンズ・ロシアGDR指数は2日の取引で一時81%安と急落し、過去2週間の下落率は98%に達した。今週の下落率は同国銀行最大手のズベルバンクが99%、国営ガス企業ガスプロムが98%、鉄鋼メーカーのセベルスタリはほぼ100%。石油会社のロスネフチは79%、ルクオイルも99%に上る。

  ブルームバーグの試算によると、これらの企業を含むロシア企業23社の時価総額は過去2週間で5720億ドル(約66兆1200億円)減少した。

  ロシア中銀は2日遅く、モスクワ取引所の株式取引について3日の再開はないと発表した。

 

エネルギー

  ロシアの代表的な油種ウラル原油は記録的なディスカウントで売られているが、買い手がつかず、同国西部の港湾から原油積み出しが停止しつつあることが示唆される。コンサルティング会社エナジー・アスペクトによると、銀行の制裁や運賃の急騰、広範な政治リスクによりロシアの原油取引の約70%は現在凍結されている。

通貨

  ルーブルはオンショア市場で3日続落し、1ドル=110ルーブルまで下落した。国内市場と国外の銀行間市場では相場に格差が生まれ、オフショア市場では一時122.25ルーブルを付けた。

  TDセキュリティーズの新興国市場アジア・欧州担当チーフストラテジスト、ミタル・コテチャ氏(シンガポール在勤)は、現時点でルーブル相場の展開を予測するのは不可能だと語った。

 

Onshore ruble set for third day of losses
 
 

社債

  ロシア企業の外貨建て社債は資金繰りに窮していることが示唆される水準にあり、取引が成立するのかについて疑問がある。

  ガスプロムやロフネフチなどの企業がクーポンの支払いを来週に控えており、これを履行できるのかどうかに投資家の注目が集まっている。

ガスプロム、7日期限のドル建て債償還を手続き中-関係者

 

原題:

Russian Markets Break Down With Cash Frozen at the Border(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE