コンテンツにスキップする

フォード、EVとエンジン車の事業分離-成長分野に経営資源集中

更新日時
From
  • 「フォード・モデルe」部門はEV展開拡充などに注力へ
  • 26年までに年間200万台のEV生産、調整後EBIT10%目標
フォードのSUV「マスタング・マッハE」
フォードのSUV「マスタング・マッハE」 Photographer: Bing Guan/Bloomberg

フォード・モーターは急成長する電気自動車(EV)事業を従来のエンジン車事業から切り離す。創業118年の同社にとって歴史的な組織再編となる。

  新設部門「フォード・モデルe」は同社のEV展開を拡充するほか、ソフトウエアやコネクテッドカー(つながる車)技術、サービスの開発を全社向けに行う。一方、エンジン車に注力する部門「フォード・ブルー」はコスト削減と事業の簡素化に努める。

  ジム・ファーリー最高経営責任者(CEO)は2日の発表資料で、フォードの野心的目標は「真に優れ、世界を変えるような企業に再びなることであり、それには経営資源の集中が必要だ」と説明した。

  同社は2026年までに年間200万台のEV生産を実現できるよう計画しているとし、24年までに60万台という従来目標からペースを大きく引き上げた。調整後EBIT(利払い・税引き前利益)については、26年までに10%との目標を掲げた。今年は最高8%を見込んでいる。

  ブルームバーグ・ニュースは先月、フォードがEV事業を従来事業から切り離すことを検討していると、他社に先駆けて報じていた。

フォードCEO、EVと従来事業の分離を検討-関係者 (1)

原題:Ford Reorganizes to Run EV and Engine Businesses Separately (1)(抜粋)

(第2段落以降に情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE