コンテンツにスキップする

「ロシア排除」動き、世界のスポーツ大会やエンタメ業界にも広がる

  • 映画・TVから音楽公演、サッカー・テニス・F1・スケートなど
  • 米は北京パラ大会でもロシア・ベラルーシ選手参加認めないよう要求

ウクライナに対するロシア軍の攻撃が激しさを増す中、世界のスポーツやエンターテイメント業界でもロシアと距離を置く動きが強まっている。国際オリンピック委員会(IOC)が、ロシアやベラルーシでのスポーツイベントの開催地変更やキャンセルを呼び掛けたのに続き、ロシア排除の動きが瞬く間にエンタメ業界などにも広がった。

  以下に主要な業界などの動きをまとめた。

映画会社

ウォルト・ディズニーソニーグループ、ユニバーサル・スタジオ、AT&T傘下ワーナーメディアなどがロシアでの新作劇場公開の一時中止に踏み切る。対象にはピクサーの「私ときどきレッサーパンダや、ソニーの「モービウス」、ワーナーブラザーズの「バットマン」などが含まれる。 パラマウント・ピクチャーズは、「ザ・ロストシティ」と「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」の公開を延期する。

  カンヌ映画祭は5月の映画祭でロシアからの代表団を受け入れないと発表した。

テレビ

  昨年1億8300万人が視聴した国際音楽祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」は、ロシアのミュージシャンを今年の大会に参加させないことに決めた。主催者の欧州放送連盟は「ウクライナの危機を考慮すれば、ロシア勢の出場は大会の評判をおとしめることになる」とツイートした。

  全米テレビ番組製作者連盟(NATPE)は、テレビ番組などのコンテンツを売買する場となる今年6月のトレードショーにロシア企業が参加することを禁止した。

  このほか全米放送事業者連盟(NAB)は、国内放送事業者に対して、ロシア国営メディアの放送を取りやめるよう促し、衛星放送のディレクTVはロシア政府が所有するケーブルテレビチャンネルとの契約を打ち切る。 ネットフリックスは、ロシアのニュースチャンネルを同社のストリーミングプラットフォームで放送しないと発表した。

ライブイベント

  2月25日、ニューヨークのカーネギーホールは、ロシア人指揮者のワレリー・ゲルギエフ氏とピアニストのデニス・マツーエフ氏のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との公演を取り止めた。2人は以前、ロシアのクリミア併合を支持する公開状に署名していたからだ。

  ニューヨークのメトロポリタンオペラは声明で、ロシアがウクライナ侵攻を止めない限り、プーチン大統領を支持したり、同大統領が後援するアーティストや団体の公演はできないと発表した。

  グリーン・デイ、イギー・ポップ、フランツ・フェルディナンド、AJRなどのバンドは、モスクワやその他ロシア国内でのコンサートをキャンセルした。 

  英国のロイヤル・オペラ・ハウスは、ボリショイ・バレエの夏季公演の中止を決めた。

サッカー

  ロシアの大富豪で、英プレミアリーグに属するチェルシーのオーナー、ロマン・アブラモビッチ氏は、ロシアとウクライナの和平交渉の仲介に意欲的だと、エルサレム・ポストが伝えた。プーチン大統領との個人的関係で制裁対象にされかねないため、同氏は2月26日、チームの管理・運営権を財団に委ねた。

  欧州サッカー連盟(UEFA)は、5月28日にサンクトペテルブルクで行われる予定の欧州チャンピオンズリーグ決勝の開催地をパリに変更すると発表した。

  英プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドは、ロシアの航空会社アエロフロートとのスポンサー契約打ち切りを明らかにした。このほか国際サッカー連盟(FIFA)はワールドカップ予選へのロシアの出場停止を決めた。

ホッケー

  アイスホッケーの最高峰リーグであるナショナルホッケーリーグ(NHL)は、ロシアのビジネスパートナーとの関係を断つとともに、ロシア語のソーシャルメディア(SNS)サイトを一時停止した。ロシアを今後の試合開催地に検討することも取りやめる。

モータースポーツ

  F1レースを運営する国際自動車連盟(FIA)は、ニキータ・マゼピン選手らロシア人ドライバーは、中立の立場で出場する場合に限り、モータースポーツに参戦することを認めた。IOCのガイドラインに沿って、ロシアは世界的な自動車レースへの参加が一切禁じられた。9月23日に予定されていたロシアGP(グランプリ)もキャンセルが決まった。

テニス

  ロシアとベラルーシ両国のテニス連盟に所属する選手は、すべての国際テニス大会に参加できない。ロシアのダニール・メドベージェフアンドレイ・ルブレフ選手は、中立の立場でのみプレーが許される。2月に行われたドバイ選手権で優勝したルブレフ選手は、テレビカメラに向かって「No War Please(戦争はしないで)」と書いて抗議した。2月28日にモスクワで開催が予定されていた大会は中止された。

フィギュアスケート

  国際スケート連盟はロシア人選手の出場を禁止した。2022年北京オリンピックにも出場したアンナ・シェルバコワ選手やカミラ・ワリエワ選手が世界ランキングを失う可能性が出ている。

スキー

  国際スキー連盟は、ロシアで開催が予定されているワールドカップの6大会について、参加者の安全とワールドカップの品位保全のために、開催地変更の手続きを行っている。

武道

  国際柔道連盟はプーチン大統領を名誉会長から外し、テコンドーの国際競技連盟であるワールドテコンドーは同氏の名誉黒帯を剥奪した。

パラリンピック

  米国オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)は、4日から北京で始まる冬季パラリンピックで、ロシアとベラルーシの選手・役員が例外なく参加できなくするよう要求している。

原題:

Culture Ban on Russia Grows as Paramount, NHL Join List(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE