コンテンツにスキップする

GPIFのロシア関連債券約500億円、株式約1700億円-21年3月末

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、2021年3月末時点でロシア関連の債券を約500億円、株式を約1700億円を保有している。ロシアによるウクライナ侵攻への対応としてノルウェーの政府系ファンド(SWF)などがロシア資産を取り除く動きをみせている。

  • GPIFの広報責任者、長岡紘史氏のブルームバーグへの回答は以下の通り:
    • ロシア関連の投資環境について情報把握に努めている
    • 法令上、政治的な理由による投資判断は行えない仕組み
    • 継続的な状況把握に努めつつ被保険者の利益のために行動

ノルウェー、政府系ファンドからロシア資産外すプロセス開始

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE