コンテンツにスキップする

【米国市況】株続伸、ウクライナ情勢受けて積極的な利上げ観測後退

Monitors display stock market information at the Nasdaq MarketSite in New York, U.S., on Friday, Jan. 28, 2022.

Monitors display stock market information at the Nasdaq MarketSite in New York, U.S., on Friday, Jan. 28, 2022.

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

25日の米株式相場は続伸。ロシアのウクライナ侵攻に起因する不透明感や経済指標を受けて、米金融当局が来月に積極的な利上げを実施するとの見方が後退した。

  • 米国株は続伸、日中の高値圏で終了-ダウ834ドル高
  • 米国債は終盤に下げ埋める-10年債利回り1.96%
  • ドル指数が下落、株高で-資源国通貨は上昇
  • NY原油は反落、米がロシア産原油を制裁対象にしない方針確認
  • NY金は下落、ウクライナ侵攻や制裁の影響見極め

  S&P500種株価指数は主要業種別11指数のうち、8指数が2%を超える上昇。一方、ハイテク銘柄中心のナスダック100指数はパフォーマンスがS&P500種を下回った。地政学的な緊張がバリュエーションの高いテクノロジー株を引き続き圧迫した。

  S&P500種は前日比2.2%高の4384.65。ダウ工業株30種平均は834.92ドル(2.5%)上げて34058.75ドル。ナスダック総合指数は1.6%上昇。

  ロシアはベラルーシの首都ミンスクでの協議をウクライナに提案したが、同国は拒否し、その後応答を停止したとロシア大統領府は主張。一方で戦闘は続いている。米国はロシアのプーチン大統領個人を対象とした制裁発動を計画している。

  米国債相場はほぼ変わらず。取引終盤に下げを埋めた。ニューヨーク時間午後4時14分現在、10年債利回りは前日比ほぼ変わらずの1.96%。

   CFRAリサーチのチーフ投資ストラテジスト、サム・ストーバル氏は「今起きているのはリリーフラリーで、基本的には多くの空売り投資家によるショートカバーが発生した。しかし、ボラティリティーが収まったとは私は思っていない」と指摘。「少なくとも短期的には、ウォール街は現金や米国債を保有するよりも、株式に戻る時だとの姿勢だ」と述べた。

  フェデレーテッド・ハーメスのシニアエコノミスト、シルビア・ダランジェロ氏は「地政学的問題による成長への下振れリスクは、米金融当局が漸進的かつ慎重に政策運営を進める可能性が高いことを意味する」とリポートに記した。

米個人消費支出、予想上回る伸び-価格指数は金融当局目標の3倍 

米消費者センチメント、2月は依然10年ぶり低水準-高インフレが影響

S&P 500's rebound remains small compared to year-to-date declines
S&P500種株価指数
出所:ブルームバーグ

  外国為替市場では、ドル指数が3週間ぶりの大幅安。プーチン大統領がウクライナとの交渉を承認する用意があるとの報道などを受けて、米株式相場が上昇したことが背景。主要10通貨では資源国通貨の上げが目立った。逃避先資産は売られ、スイス・フランや円が軟調だった。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.5%安。ニューヨーク時間午後4時15分現在、ドルは対円で前日比変わらずの1ドル=115円53銭。ユーロは対ドルで0.7%高の1ユーロ=1.1265ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は反落し、7年ぶり高値を離れた。ロシアのエネルギー輸出を制裁の対象にしない方針を米政府があらためて明確にした。また国際エネルギー機関(IEA)は、危機下で世界におけるエネルギー安全保障の確保に尽力する意向を表明した。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物4月限は、前日比1.22ドル(1.3%)安の1バレル=91.59ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント4月限は1.15ドル安の97.93ドル。

  ニューヨーク金相場は下落。ロシアのウクライナ侵攻と対ロシア制裁の影響を見極めようと、神経質な展開が続いた。

  スポット価格はニューヨーク時間午後2時20分現在、前日比0.8%安。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は、2%安の1オンス=1887.60ドルで終了した。

  サクソバンクの商品戦略責任者オーレ・ハンセン氏は「かなり買われ過ぎの状態にある市場が2000ドルの大台を前に失速したことや、ロシアがルーブル相場下支えで金売りを余儀なくされるとの懸念、バイデン米大統領が発表した制裁が相場への影響という点で迫力を欠いたこと」が重なり、金相場の反転が起きたと分析した。

Gold is set to be little changed after a turbulent week
金スポット
出所:ブルームバーグ

原題:Stocks Gain as War Spurs Pullback on Fed Rate Bets: Markets Wrap(抜粋)

Treasuries Hold Losses as Stocks Rally; 10-year Yield Retests 2%(抜粋)

Dollar, Havens Slip as Stocks Jump Most This Month: Inside G-10(抜粋)

Crude Falls From $100 With Russian Oil Sanctions Off the Table(抜粋)

Gold Extends Drop as Traders Weigh Ukraine War, U.S. Sanctions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE