コンテンツにスキップする

イーベイ株急落、1-3月売上高見通しが市場予想下回る

  • コロナ禍前の買い物習慣に戻る動きが広がっている
  • 10-12月のアクティブバイヤーは前年同期比9%減少

電子商取引サイトを運営する米イーベイが発表した1-3月(第1四半期)売上高見通しは市場予想を下回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の買い物習慣に戻る動きが広がっている。株価は時間外取引で一時約12%下げた。

  23日の発表文によると、1-3月売上高は24億3000万-24億8000万ドル(約2790億-2850億円)の見通し。ブルームバーグのデータによると、アナリスト予想平均は26億ドル。一部項目を除いた1株利益は1.01-1.05ドルの見通しで、これもアナリスト予想の1.07ドルを下回った。

  一方、昨年10-12月(第4四半期)のアクティブバイヤーは前年同期比9%減の1億4700万人。流通総額(GMV)は10%減の207億3000万ドル。

原題:EBay Warns Investors It’s Still Losing Customers; Shares Tumble(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE