コンテンツにスキップする

シカゴ市場の小麦先物、2012年以来の高値-ウクライナ情勢で供給不安

23日のシカゴ市場で小麦先物相場が上昇、約9年ぶりの高値を付けた。黒海地域で供給が混乱する可能性への懸念が背景。主食の価格を世界的にいっそう押し上げそうだ。

  ウクライナとロシアはともに穀物の輸出大国で、両国の緊張激化は小麦輸出に影響が及ぶとの不安を高めている。悪天候と旺盛な需要ですでに穀物在庫が減っている中で、何らかの制限があれば重要な供給源が脅かされかねない。

  小麦先物は2.8%高の1ブッシェル=8.7675ドルとなり、2012年以来の高値に上昇した。

  キエフを拠点とするコンサルティング会社ウクルアグロコンサルトによると、ウクライナとロシアの主要な穀物輸出拠点である黒海とアゾフ海からの船舶運航に今のところ乱れは生じていない。

Chicago futures climb to the highest since 2012
 
 

原題:

Wheat Hits Nine-Year High on Supply Fears, Raising Bread Costs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE