コンテンツにスキップする

イラン核合意交渉は最終局面、欧・ロ当局者が表明-週内に結論も

BUSHEHR, IRAN - AUGUST 21: This handout image supplied by the IIPA (Iran International Photo Agency) shows a view of the reactor building at the Russian-built Bushehr nuclear power plant as the first fuel is loaded, on August 21, 2010 in Bushehr, southern Iran. 

BUSHEHR, IRAN - AUGUST 21: This handout image supplied by the IIPA (Iran International Photo Agency) shows a view of the reactor building at the Russian-built Bushehr nuclear power plant as the first fuel is loaded, on August 21, 2010 in Bushehr, southern Iran. 

Photographer: Handout/Getty Images Europe

欧州とロシアの当局者は、イラン核合意を巡る交渉が大詰めを迎えたとの見解で一致した。最終的な相違点を解消できれば、世界のエネルギー市場に広がる不安が解消される可能性が示唆された。

  ウィーンで交渉に当たっているフランスとロシア、英国の当局者らはツイッターへの投稿で、イラン核合意を再建できるかどうかは今週決定する可能性が高いとの見方を示した。欧州当局者の1人が外交ルールに従い匿名を条件に述べたことろによれば、週内にも核合意のための合同委員会が招集され、最終的な結論が出る見通しだ。

 

原題:Iran Nuclear Diplomacy’s Endgame Nears for Energy Markets (2)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE