コンテンツにスキップする

ウォラーFRB理事、景気を過熱気味にすれば労働市場の一部は改善

Workers select freshly cut roses to be packed for export at the Elite Flower facility in Facatativa, Colombia, on Monday, Jan. 24, 2022.

Workers select freshly cut roses to be packed for export at the Elite Flower facility in Facatativa, Colombia, on Monday, Jan. 24, 2022.

Photographer: Ivan Valencia/Bloomberg

米連邦準備制度理事会(FRB)のウォラー理事は景気を「過熱気味」にさせることで、相対的な労働市場パフォーマンスは失業率で比較した場合、一部のグループで改善すると指摘。ただ、全てのグループではないと述べた。

  ウォラー理事はシカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスが主催したニューヨークでのフォーラムで、特に拡大局面の長期化は黒人労働者の就職率向上につながると論じた。

  同氏は長期的な労働市場トレンドの観点で比較的不利な立場にあるグループに明確な改善が見られたと説明。

  こうした改善について、金融政策が直接的に影響した可能性は低いとの見方を示した。

原題:

Waller: Running Economy Hot Improves Job Market for Some Groups(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE