コンテンツにスキップする

米国株が続落、ロシア動向警戒しリスクオフ-ドルしっかり

更新日時

18日の米金融市場では株式が続落し、国債が値上がりした。今週は米欧諸国とロシアの関係緊迫化や、米金融政策見通しに対する不安で神経質な取引に終始した。

  • 米国株は続落、荒い値動き-ハイテクやエネルギーが安い
  • 米国債は上昇、10年債利回り1.92%に低下
  • ドルしっかり、週間ベースの下げ幅縮小-リスク回避で
  • NY原油は続落、今週はウクライナ情勢とイラン核協議を両にらみ
  • NY金は8カ月ぶり高値付近、ウクライナ情勢を見極め

  この日が期限の巨額のオプションがボラティリティーを高める中、S&P500種株価指数が一時プラス圏に戻すなど終盤に荒い値動きとなった。テクノロジーやエネルギー、資本財・サービス関連の下げが目立った。米国の3連休を控えてリスクを減らす動きも見られた。ナスダック総合指数は、一段安を示唆するテクニカル指標「デッドクロス」を形成した。

Technicians are watching Nasdaq Composite as 'death cross' pattern forms
 
Bloomberg

  S&P500種は前日比0.7%安の4348.87。ダウ工業株30種平均は232.85ドル(0.7%)下げ34079.18ドル。ナスダック総合は1.2%低下。

  米当局は、ロシアはウクライナ国境付近に最大19万人を集結させたと見積もり、第二次大戦以降で最も大がかりな軍の動員だと指摘した。ロシアはウクライナ侵攻の計画を今週あらためて否定。プーチン大統領は、ウクライナ政府は分離主義勢力と対立について協議する必要があると述べた。

  米金融当局で最もハト派寄りの一人と認識されている米シカゴ連銀のエバンス総裁は、インフレ高進を踏まえ、金融政策の大きな転換が必要だと指摘。一方、長期にわたる引き締めについてはより慎重な姿勢を示した。ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は、3月の利上げは「適切」としつつ、「最初に大きな一歩」を踏み出すべきだとの説得力ある論拠は見られないとも指摘した。

  イートロの米国投資アナリスト、キャリー・コックス氏は「恐怖は市場にとって良い展開となり得る」とリポートで指摘。「現在は投資家がヘッジしており、大きな衝撃に耐える構えがある」とした上で、「状況が落ち着いたところでリリーフラリーが起きるための良い構図だ」と分析した。

  米国債市場では年限長めの国債中心に値上がりし、利回り曲線がフラット化した。ニューヨーク時間午後4時15分現在、10年債利回りは5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.92%。 

  外国為替市場ではドルが上昇。ウクライナ情勢や米金融当局による政策引き締めが警戒される中、投資家は米連休を控えてリスク軽減に動いた。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上昇。週間ベースでの下げ幅は0.2%に縮小した。ニューヨーク時間午後4時15分現在、ドルは対円で0.1%高の1ドル=115円08銭。ユーロは対ドルで0.3%安の1ユーロ=1.1328ドル。 欧州中央銀行(ECB)で年内利上げが必要となる可能性は高いとの見方に傾きつつある当局者が増えていると伝わった後、ユーロの下げ幅は縮小した。

Dollar index settles below its 200-week moving average
 
Bloomberg

  ニューヨーク原油先物相場は続落。週間ベースでは2カ月ぶりの下落となった。今週はウクライナ情勢の緊迫化とイラン産原油が市場に戻る可能性の双方をにらむ展開となった。

  オアンダのシニア市場アナリスト、エド・モヤ氏は「原油市場が現在いかにタイトな状況であろうと関係ない。エネルギートレーダーらはリスクを減らしている」と指摘。「ウクライナ情勢の他に、イラン核合意再建協議は正しい方向に引き続き進んでおり、原油市場の供給が年内に増える可能性がある」と述べた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は、前日比69セント(0.8%)安の1バレル=91.07ドルで終了。週間では2.2%下落。ロンドンICEの北海ブレント4月限はこの日、57セント高の93.54ドルで終えた。

  ニューヨーク金相場は8カ月ぶり高値付近でほぼ変わらず。ウクライナ情勢の緊迫化が意識された一方、来週予定されるブリンケン米国務長官とロシアのラブロフ外相の会談の行方を見極めたいとの雰囲気も広がった。

  スポット価格はニューヨーク時間午後3時26分現在、前日比0.2%安の1オンス=1895.06ドル。前日は昨年6月10日以来の高値水準で終了していた。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は、0.1%安の1899.80ドルで引けた。

原題:Stocks Drop as Russia Standoff Spurs Risk-Off Mode: Markets Wrap(抜粋)

USTs Hold Gain, Curve Flattens; Ukraine Risk Drives Price Action(抜粋)

Dollar Pares Weekly Decline as Investors Shun Risk: Inside G-10(抜粋)

Oil Posts First Weekly Loss Since December as Rally Cools Off(抜粋)

Gold Steady as Traders Assess Heightened Tensions Over Ukraine(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE