コンテンツにスキップする

FOMC、近く利上げ開始し必要なら引き締め加速も-議事要旨

更新日時
  • バランスシートの縮小が年内に開始されると予想-議事要旨
  • 市場は年内に少なくとも1.5ポイントの利上げがあると予想
The Marriner S. Eccles Federal Reserve building in Washington, D.C., U.S., on Sunday, Dec. 19, 2021. 

The Marriner S. Eccles Federal Reserve building in Washington, D.C., U.S., on Sunday, Dec. 19, 2021. 

Photographer: Samuel Corum/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米連邦公開市場委員会(FOMC)は1月25-26両日に開いた会合で、インフレ率があまりに高い状態にあることから、政策金利を近く引き上げることが妥当となるほか、引き締めペースを速めることも正当化される可能性があると結論付けた。16日公表された議事要旨で明らかになった。

  議事要旨では「インフレが予想通りに鈍化しない場合、FOMCが現在の想定より速いペースで政策緩和を解除することが適切になると、大半の参加者は指摘した」と記された。

  インフレ高進を受け、一部の米金融当局者は年内の政策金利見通しを上方修正している。また議会では民主党、共和党の両方から金融当局に対し、物価圧力の抑制を求める声が高まっている。

  市場では3月15-16両日に予定されている次回FOMC会合での利上げが100%織り込まれており、一部では利上げ幅が0.5ポイントになるとの見方も出ている。市場は2022年に少なくとも合計で1.5ポイントの利上げがあると予想。数週間前は0.75ポイントと見込まれていた。

米消費者物価7.5%上昇に加速-40年ぶりの伸び率、予想も上回る (3)

米PPI、1月は予想上回る上昇-FRBの利上げ見通しを後押し (2)

Hottest Inflation Since 1982

U.S. headline and core CPI both rose more than forecast in January

Source: Bureau of Labor Statistics, Bloomberg survey

 

  パンテオン・マクロエコノミクスのチーフエコノミスト、イアン・シェファードソン氏は「バランスシート縮小の開始時期や3月に金利を0.5ポイント引き上げる可能性について明確な議論がなかったことを踏まえると、議事要旨はどちらかと言えば予想ほどタカ派的ではないといえる」と指摘。その上で、1月の会合後に発表されたインフレと賃金のデータが予想より悪いことを考えると「いかなる政策についても、今回の議事要旨が最終判断となることはない」と述べた。

  1月の会合では、年内にバランスシートの自然縮小を始めることについても議論があった。

  議事要旨は「幾人かの参加者は状況から判断して、いずれ年内にバランスシートの規模縮小を開始することが正当化される可能性が高いとコメントした」としている。

  議事要旨では、利上げペースの詳細やバランスシート縮小の具体的な方法については議論がなかったことが示された。ただ1月会合後に景気過熱を示唆するデータが示されていることから、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が3月にさらなる詳細を説明するとの見方が強まっている。3月のFOMC会合時点で、当局者らは2月のインフレ指標と雇用統計を入手していることになる。

原題:Fed Eyes Rate Hike Soon and Faster Tightening Pace If Needed (2)(抜粋)

 

(エコノミストのコメントなど追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE