コンテンツにスキップする

カシュカリ総裁、積極的な利上げは景気後退につながるリスク

Neel Kashkari, president and chief executive officer of the Federal Reserve Bank of Minneapolis, speaks during a presentation at the National Association for Business Economics economic policy conference in Washington, D.C., U.S., on Monday, March 6, 2017. 

Neel Kashkari, president and chief executive officer of the Federal Reserve Bank of Minneapolis, speaks during a presentation at the National Association for Business Economics economic policy conference in Washington, D.C., U.S., on Monday, March 6, 2017. 

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は、米金融当局による積極的な利上げは米経済をリセッション(景気後退)入りさせるリスクがあるとの見方を示した。食品関連会社ユナイテッド・ナチュラルフーズ主催のオンラインイベントでの発言。

  カシュカリ総裁は「もし非常に積極的に金利を引き上げれば、経済に急ブレーキがかかり、経済をリセッション入りさせるリスクを冒すことになる」と指摘。「同僚や自分自身への戒めは、やり過ぎないようにということだ」と述べた。

  インフレ率については、年内に目標の2%に下がる可能性は低いが、「着実」に落ち着く方向で進み、年末までに3%に近づくとの予想を示した。

  同総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持たない。

原題:

Aggressive Fed Rate Hikes Would Risk Recession, Kashkari Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE