コンテンツにスキップする

ペロトン株が過去最大の上昇、予想外の経営陣刷新で

更新日時
  • 株価は8日に25%上昇、買収標的になるとの観測強まる
  • スポティファイ元CFOのバリー・マッカーシー氏が新CEOに
A Peloton store in Walnut Creek, California, U.S., on Monday, Feb. 7, 2022.

A Peloton store in Walnut Creek, California, U.S., on Monday, Feb. 7, 2022.

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

ホームフィットネス事業を展開する米ペロトン・インタラクティブは予想外の経営陣刷新を発表した8日、株価が過去最大の上昇を記録した。買収標的になるとの観測が強まった。

Trading On The Floor Of NYSE As Virgin Galactica Releases IPO
バリー・マッカーシー氏
Source: Bloomberg

  ペロトンによると、共同創業者のジョン・フォーリー最高経営責任者(CEO)が辞任し、会長に就く。人員削減やオハイオ州工場の計画中止を含む経営刷新の一環。スポティファイ・テクノロジーの元最高財務責任者(CFO)のバリー・マッカーシー氏が9日付でCEO兼社長に就任する。

  この発表を受け、新CEOの下で経営をスリム化し身売りする可能性もあるとの見方が強まり、株価は8日に25%上昇し、37.27ドルで終了した。ペロトンはこの日、買収提案にはオープンな姿勢だと説明した。アマゾン・ドット・コムを含む大手ハイテク企業や大手メディア企業、ナイキなどが買い手候補と目されている。

  一方、見通しはさえない。同社は2022年6月期の売上高見通しを37億-38億ドル(約4300億-4400億円)と、従来の最大48億ドルから下方修正した。コネクテッドフィットネス会員数の見通しも300万人と、これまでの最大345万人から引き下げた。

  21年10-12月(第2四半期)の調整後EBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)は2億6650万ドルの赤字。アナリスト予想平均は2億8800万ドルの赤字だった。

  フォーリー氏のCEO解任を要求してきたアクティビスト(物言う投資家)のブラックウェルズ・キャピタルは8日、今回の経営陣刷新ではペロトンを巡る投資家の懸念解消に不十分だとの認識を示した。

原題:

Peloton’s Surprise Shake-Up Triggers Record-Setting Rally (2)(抜粋)

(4段落目以降に業績見通しや決算内容を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE