コンテンツにスキップする

フェイスブックなしで大丈夫と独仏閣僚-メタ欧州撤退警告にコメント

  • メタ、プライバシー規則巡る協議行き詰まり理由に欧州撤退を警告
  • ハベック独経済相とルメール仏経済・財務・復興相が記者団に語る

メタ・プラットフォームズがプライバシー規則を巡る協議の行き詰まりを理由に欧州からの撤退をちらつかせたことについて、ドイツとフランスの閣僚2人は聞き流す姿勢を示した。

  ハベック独経済相は7日にパリで開かれたイベントでルメール仏経済・財務・復興相と共に記者団に対し、「私は不正侵入を経験した後、フェイスブックとツイッターなしで4年間過ごしており、その生活は素晴らしかった」と語った。

Meta Platforms Headquarters Ahead Of Earnings Figures
メタ・プラットフォームズのロゴ
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

  ルメール氏も「フェイスブックがない生活はとても良いもので、フェイスブックなしでかなり順調に過ごせることを私は確認できる」と話し、「欧大陸が抵抗し、その主権を確認することを巨大デジタル企業は理解しなければならない」と強調した。

  ハベック、ルメール両氏は、メタが3日公表の年次報告書で、データ移転で新規または既存の合意を当てにできない場合は「フェイスブックとインスタグラムを含む当社の最も重要なプロダクトとサービスの多くを欧州で提供できなくなるだろう」と警告したことに対しコメントした。

フェイスブックとインスタの欧州撤退を警告-米メタ、データ規制巡り

原題:

We’re Fine Without Facebook, German and French Ministers Say(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE