コンテンツにスキップする

ポリゴンが仮想通貨売却で520億円調達、セコイアやSVF2など参加

  • ポリゴンが独自のトークン「マティック」を売却
  • ポリゴンはイーサリアム取引を高速・安価にするプロトコルを提供

暗号資産(仮想通貨)の開発者がイーサリアム取引をより高速かつ安価にするために用いるプロトコルを提供するポリゴンは、独自の暗号トークン「マティック」をセコイア・キャピタル・インディアが率いる投資家グループに売却し、4億5000万ドル(約520億円)を調達した。

  この資金調達ラウンドに参加したのはソフトバンクグループのビジョン・ファンド2(SVF2)やマイケル・ノボグラッツ氏のギャラクシー・デジタル、タイガー・グローバル、レディットの共同創業者アレクシス・オハニアン氏、アニモカ・ブランズなど40を超える投資家。

Inside Hong Kong Digital Asset Exchange's Cryptocurrency Trading Store
イーサリアムやビットコインの看板の前を歩く人(香港、2021年6月24日)
Photographer: Paul Yeung/Bloomberg

  100億単位を供給上限とするマティックの保有は同プロトコルの株式保有と同等の意味合いを持つ。コインゲッコーのデータによると、マティックは8日、一時1.94ドルを付けた。

原題:

Sequoia-Led Group Buys Polygon’s Crypto Token for $450 Million(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE