コンテンツにスキップする

クレディSがロシア新興財閥向けローン証券化、ヨットなど担保-報道

  • 航空機やヨット、不動産が裏付けの超富裕層向けローン関連証券売却
  • 制裁を巡る問題に以前直面した部門が取引を手掛ける-金利は11%超

スイスの大手銀行クレディ・スイス・グループは、ヨットや自家用ジェット機を裏付けとしたロシアの新興財閥や起業家向けローンのポートフォリオを証券化した。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じたもので、リスク低減が目的という。

  FTが投資家向けプレゼンテーションを引用して伝えたところによると、クレディ・スイスは自家用機やヨット、不動産、他の金融資産を担保とする超富裕層向けローン20億ドル(約2300億円)に関連して8000万ドル相当の証券を売却。この取引は昨年末に実施された。

  ヘッジファンドを呼び込むためクレディ・スイスは金利を11%超に設定せざるを得なかった。こうした取引は制裁を巡る問題に以前直面した部門が手掛けたという。同行はFTに対しコメントを控えた。

  FTによれば、クレディ・スイスは2017年と18年にヨットと航空機関連ローンで12件のデフォルト(債務不履行)に見舞われ、その3分の1はロシア新興企業に対する米国の制裁に関連していた。

  自家用機購入を目的としたローンを長年提供してきたクレディ・スイスは、14年以降にヨット向け融資を急速に拡大。昨年の融資残高は10億ドルを超えている。

原題:

Credit Suisse Securitizes Loans for Oligarchs’ Yachts, FT Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE