コンテンツにスキップする

アップル、3月上旬に低価格iPhoneとiPad新製品発表目指す-関係者

  • 昨年10月のMacbook Pro新機種発表以来の大型イベントになる見込み
  • 新製品は「アイフォーンSE」と「アイパッド・エア」の新モデル

アップルは「iPhone(アイフォーン)」低位機種と「iPad(アイパッド)」の新製品を3月8日またはその頃に発表することを目指している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。これを皮切りに年内に製品投入が相次ぐ可能性がある。

  今回の発表はアップルにとって、昨年10月のノート型パソコン「MacBook Pro(マックブック・プロ)」新機種発表以来の大型イベントになる見込み。最近の他の発表と同様、今回も対面ではなくオンラインでのプレゼンテーションが予想されると、関係者が協議の非公開を理由に匿名で語った。

  ただ予定される発表まで1カ月以上もあることを踏まえると、製品の遅れなどに直面して計画が見直される可能性もあるという。アップルの広報担当者は同社の計画についてコメントを控えた。

  アイフォーン新製品は、「アイフォーンSE」の2年ぶりの新型モデルになる。プロセッサーが高速化されるほか、第5世代(5G)移動通信ネットワークに対応し、カメラ機能が向上する見通し。ただデザインは2020年4月に投入された現行モデルと似たものになる見込み。

  一方、アイパッド新製品は高速化したプロセッサーと5G対応の「Air(エア)」アップデート版になる見通しだ。

関連記事

アップルの昨年10ー12月売上高は過去最高-日本は例外的に不振 

アップルがiPhoneの新機能計画、クレカのタップだけで決済-関係者

 

原題:Apple Aims to Debut New Low-Cost 5G IPhone, IPad in Early March(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE